FC2ブログ

F/A-18C/Dのタキシング開始時爆発バグ、直した

リリースするのに数時間~数日かかります。

9月8日版のUSMC Jet packに入ってたF/A-18C/Dが、地上スタートでタキシング開始するぐらいのタイミングでしばしば爆発を起こしてたバグ。
そもそもバグを作ってたことに気づくのに2ヶ月近くかかったんですけれども。
起きたり起きなかったりするし、一切エラーが残らないしで。

バグを発生させたバージョンは、その1つ前のバージョンよりソースコードを大量に書き換えてまして。
C型とD型とに同じ内容のコードを重複して書いてあったメソッドを引っ剥がして親のF-18のクラスにお引越しさせたり。
AIの兵装操作挙動を大きくいじったり。
その中でどこがバグを生んだのか特定するのちょっと大変でした。

特定してしまうと、原因は「1行」の書き方にある、ということが分かり。
とほほーーー……ってなもんですけども。

なにはともあれ、直りました。


私がいじってないところでVegaさんがまた別のとこいじったり、AV-8B+にAI機が垂直着陸させるように改善したりしてくれてるそうなので。
そちらを送ってもらって、こちらで相違点を確認してマージして動作テストして。
それから配布になります。
スポンサーサイト

テレビアニメ「叛逆性ミリオンアーサー」のEDを歌ってる女性声優6人がすごいと思ったメモ

この10月ちょっと遅い時期から放映開始になったテレビアニメ「叛逆性ミリオンアーサー」、6人のアーサーとそれぞれのアーサーのサポートを役割としている妖精6人がコンビを組んで過去の世界に散らばった100万本の聖剣エクスカリバーを叩き折っていくという、ファンタジーコメディー(……でいいのかなあ作品ジャンル?)です。

そのエンディンク主題歌はサポート妖精を演じている6人の女性声優合唱なのですが、この6人がソロ歌手活動している人だったり声優ユニット活動歴あったり女性アイドル役で大役経験あったりって人ばかりなの、おもしろくてすごいなあって思ったので、そのメモ。

EDでターンテーブルの上をぐるぐる回ってるSD形態の妖精さん達はこんな感じなのですが。
20181115反逆性MAed1
(本編ではもうちょっと頭身あります)
パーリィ☆フェアリィとして歌ってる声優さんがたはこの6人。
20181115反逆性MAed2
ここに経歴を書きますと……

茜屋日海夏: 声優アイドルグループ「i☆Ris」メンバー、「プリパラ」シリーズで多数の主題歌・挿入歌歌唱、「Dance with Devils」などでも主題歌や挿入歌担当

高橋李依: 声優ユニット「イヤホンズ」メンバー、「魔法つかいプリキュア!」「Reゼロ」「からかい上手な高木さん」「このすば」「ゆらぎ荘」などの主題歌・挿入歌など歌唱

東山奈央: 「神のみ」「マクロスΔ」「アイドルマスター シンデレラガールズ」にて劇中アイドル役、それらの他にも「きんいろモザイク」「俺ガイル」「ニセコイ」などで主題歌・挿入歌を歌唱、ソロアーティスト活動中

芹澤優: 声優アイドルグループ「i☆Ris」メンバー、「プリリズ」「プリパラ」「プリ☆チャン」シリーズで多数の主題歌・挿入歌歌唱、「犬ハサ」「アイドル事変」「賭ケグルイ」「魔法少女サイト」にて劇中アイドル役をこなし主題歌・挿入歌を歌唱、ソロアーティスト活動中

三森すずこ: 声優アイドルグループ「ミルキィホームズ」「μ's」メンバー、「ミルキィホームズ」「ラブライブ!」「プリ☆チャン」で劇中アイドル役(アイドルではないけど「レヴュースタァライト」も)、多くのアニメで主題歌・挿入歌歌唱、ソロアーティスト活動中

日高里菜: 「SHOW BY ROCK!!」で劇中アイドル役、「ロウきゅーぶ!」「ひなビタ♪」「ローリング☆ガールズ」で声優ユニットや劇中バンドメンバーとして歌唱、その他キャラソンや主題歌・挿入歌が「いぬぼくSS」「なかいも」「ファフニール」「シンフォギア」などなど

いやあ、書き出してみたら想像以上にすごい。
歌がうまく経歴があるだけでなく歌声の個性も強い方々なので、このED聞いててとっても楽しいです。


主題歌歌ってるわけじゃないけど、本編にアーサー役で出てる女性声優さんも雨宮天に水瀬いのりに竹達彩奈って、3人ともソロアーティストしてる方々だったりもしますね。

姫ノ木あく「魔王の娘だと疑われてタイヘンです! Lv.1」GA文庫の感想

今年8月9日に発売された新タイトルで、発売前からタイトルやあらすじなどを読んで気にはかかってて。
ただその頃っていろいろ物いりで買うの我慢してました。
9月中旬に「やっぱり読みたい!」と我慢できなくなってBookWalkerで買ってズババーっと読みました。
(読んだけど感想書く気になるのに2ヶ月かかったという…)
姫ノ木あく「魔王の娘だと疑われてタイヘンです! Lv.1 剣士の娘にニラまれてます!」GA文庫の感想。
魔王の娘だと疑われてタイヘンです!Lv1表紙
魔王の娘だと疑われてタイヘンです! Lv.1 剣士の娘にニラまれてます!

これ、なかなかに気に入りました。
どこをどう気に入ったのか文章化して「だったら私も読んでみたい」ってできるか、ここ以降の私の感想文力にはあまり自信がないのですが…… 12月に続刊の発売が決定したそうです。それはすぐ買って読むぞ~~
BookWalker↑のほうの試し読みが160ページの増量となっており、1冊の半分超えてるので。そこまで読んでもらったほうが早い気もしますが。
12歳の主人公たちの間で発揮される友情っぷりがもうカワイくってたまりません。
主人公のエリナが、ただイイ子ってわけでもないけどそこにもまた級友を惹き付ける魅力がある描き方をされてると思います。
エリナも、1巻に出てきた他の級友もしっかりキャラの個性が立ってて、そこに反発や融和のドラマが生まれるって筋に説得力を増していました。
12歳という年齢がまた絶妙。

これ、人気出てテレビアニメ化されないですかねぇ……
どこでどのぐらいの力を入れてアニメ化してもらえるか次第で出来が大きく影響されそうですが…… この1巻のクライマックスシーンをぐりっぐっりん動かせるところでどうにか……

艦これウィークリーは東方残し2018/11/12

今週もまた東方が残ってしまいました。
東方の50%が点灯するのとろ号が終わるのが同時ぐらいで……
20181112艦これウィークリー経過1
20181112艦これウィークリー経過2
20181112艦これウィークリー経過3

海域は5-3を突破して5-4に行けるようになりました。

育成のほうは晩夏イベントで新しく加わった艦娘はまだまだですが。
それより前からのメンバーでは駆逐艦が最低Lv81になりました。

世界の傑作機96 F-5E/F タイガーII, F-20 タイガーシャーク 書評

さてさて、SASで配布しているF-5 MODはAとEがセットになってるので、クローズド開発中もA/Bを解説した世界の傑作機No.95だけでなくE/Fを扱ってるNo.96も読みたかったのですが。機体の人気が違うからか即古書購入可能だったNo.95と違いNo.96は品薄で中古価格もプレミアついてたりして、なかなか買えず。
そこそこ上乗せ値段で入手できたのはMOD公開後の2017年前半だったように思います。
「もうMODも公開してしまっていじるとこないし、読まなくていいか」ってなって積み上げてたんだったかなあ……最近になって崩してやっと読みました。
「世界の傑作機96 F-5E/F タイガーII, F-20 タイガーシャーク」
世界の傑作機96_F-5E_F-20_sample

連続して出版されたからか、内容についてはNo.95と重複することを極力起こさないように注意されていて、E/FとF-20に関してを充実させるようになっていると感じました。
それであっても、No.95より8ページ少ない表紙込92ページのNo.96は「内容が足りない、もっといろいろ教えてもらいたいことが残ってる」残念さを強めに感じました。
基本的な誌面構成は従来どおりでポイントポイントを押さえてバランスの良い収録になっているはいて、首脚を伸ばして離陸時の迎え角を増やす機構、空戦フラップ挙動、E/Fで初めて搭載されたレーダーの操作法と機能、それに伴い再配置されたコックピット計器といった気になるところがきちんと説明・図解されてはいて、載っている部分については十分な満足をしているんですけれども。
不足を感じたのは、台湾・サウジアラビア・ヨルダン・シンガポールなどが導入した機体が後年近代化改修を受けてAGM-65やレーザー誘導爆弾などを新たに運用可能となった後の機体の、それらの実戦的な装備搭載状況が分かる写真やイラストといったところですかね。
文字ではどういう改修が行われたか説明があるので読んで「ふむふむ」となるのですが、こと私のように3Dモデル作ってMODとしてスロットも用意してるとなると、それらの追加武装がどのようなパイロンやランチャーレールを介して機体のハードポイントに取り付いていたのか、また運用するために同時装着されたポッド類はどんなものだったのか、ってのが気になるわけです。それらの情報も今は必要としてるわけじゃないので、必要となった際にインターネット画像検索するなどしてどうにかできるかもしれませんが。本の中に出てきてりゃ改めて探さなくてもいいわけで。

F-5E/Fといえば、【トップガン】の名称で有名なアメリカ海軍の訓練過程のほかアメリカ空軍でも海兵隊でも仮想敵機(アグレッサー)としてソ連のMiG-21っぽい塗装をまとっていることも有名ですから。それらのさまざまなソ連や東欧っぽい、逆に言えばアメリカ機っぽくない姿でいるっていうのもおもしろい点ではあって。カラーでもモノクロでもそれらの写真を多数収録しよう、巻末の塗装例イラストにも入れようというのは自然なことではあるし、また読者からの需要もあるんだろうなって想像はつくんですけども。
(余談ですけどIL-2用MODに同梱されてたと思う、そのトップガン塗装の1例)
前述のような「私が欲しい情報や写真」は無いんだよなーー、そっちに誌面とられてさぁーーー、ってのは思っちゃいまして。うーん。個人的なワガママだってのは自覚はあるんですけども。No.95と同じ全100ページに+8Pなってればその8Pにそういう写真とかをさぁ……みたいな?

気を取り直して。
E/F型で初搭載となったレーダー、APQ-153の操作方法はおもしろく、「マジか…」となりました。
レーダー走査の上下方向首振り調整は、手動なんですよ。
左手のスロットル直後にAPQ-153操作部があるそうなのですが、そこにスイッチやダイヤルの他に指の腹でぐりぐり上下に回す横軸シリンダーが1つあって、それを回すと上に首振ったり下に首振ったりの調節になると。遠方から直線水平飛行しながら敵機を探してるときはいいんでしょうが、ある程度接近して敵にも気づかれて、逃げを打たれてるところをロールターンしながら追いかけるような展開になると、果たしてこれちゃんと敵機を捉えられるのか?ってなります。

あと、あれですね。
外見では双発のジェットエンジン排気口はただの単純パイプになってて、F-14B/DやF-15・F-16・F/A-18などが装備しているF110・F100・F404などの外見上の特徴である見た目大きく絞り開閉するエンジンノズルとは違う見え方なんですけども。
機体構造の一部になってるその排気口パイプの内側の奥まったところのエンジン部品としては、ちゃんと絞りノズルになってるんですね。エンジン取り外し作業中の写真やエンジンカットモデルイラスト数点で読み取れて、ほっほぉ……となりました。

ターンアラウンドを含んだ訓練の様子の実録レポ章は面白く・興味深く読めました。

またF-20を扱った章もよかったです。
3機の試作機のうち2機が墜落するといった開発上の技術的に不幸な事故もありはしたんですけども。
機体としては、この本を読んで改めて、優れた性能や戦闘能力を持った、経済性と実力を兼ね備えていたはずのものだよなぁ、やっぱり……って思いました。
アメリカのノースロップ社が開発・製造する戦闘機は、仮にアメリカ軍での採用を前提としておらず他国への輸出専用とする場合であっても、その輸出先がたとえば台湾であるとかどこそこであるとか……にそのような新兵器を輸出することがアメリカ軍やアメリカ合衆国の国益に適合するものかどうなのかの判断の基で許可されないと行えないことなので。
そこんとこでストップかけられちゃったら、たとえ優れた兵器であっても日の目を見ない……その一例かなあって理解しました。

えーっと、ちょっと書評としてはまとまりを欠いてしまったかも知れませんが。
私の個人的需要に対しては不満もあったけども、おそらくF-5EやF-20についての本を探してる一般の方向けの全般的な需要はちゃんと満たせてるであろう、いい本と言えるのだろうなと申し添えておきます。
プロフィール

western0221

Author:western0221
2010年7月30日にIL-2 1946を始めました。
好きなアニメは「ゾンビランドサガ」「青春ブタ野郎は…」「抱かれたい男1位…」「うちのメイドがウザすぎる!」「となりの吸血鬼さん」「SSSS.GRIDMAN」「ゴブリンスレイヤー」「DOUBLE DECKER!」「やがて君になる」「寄宿学校のジュリエット」「色づく世界の明日から」「俺が好きなのは妹だけど妹じゃない」「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」「ゲゲゲの鬼太郎」「ブラッククローバー」。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問数
Twitter