FC2ブログ

Weapon pack Gen2016-iii出して来たーーー

テクスチャ修正とか、3Dモデルだけ作ってクラスファイル書いてなかったミサイルとかちまちま直して。
アーカイブ作ってSASにWeapon pack Gen2016-iii出して来たーーー。
半年ぶり。


さて!

今から艦これのイベント着手して(ほんとーーにこれから着手)間に合うかね。
スポンサーサイト

SPPU-22ガンポッドの既存モデル間違ってるじゃーん……

Su-17やSu-25が携行するGSh-23L二砲身23mm機関砲ガンポッドSPPU-22。
既存モデルがゲーム内で見た目は非常にきれいで問題が感じられないが、吊り下げ位置は(当然)Generation2016と異なっていることと、3Dデータ見るとLODや影が仕込まれておらず遠距離で描画負荷が高くなることが確認されたので。

当初は
 1 - 3D編集せずに吊り下げ位置のみGen2016に揃える
 2 - 既存3Dは.mshテキストファイルをいじらず、新たに作ったLOD1/2/3モデルを追記する
の2手順でGen2016化できるかなと思い、位置合わせなどをしていた。

しかしweb検索した写真などと見比べるとどうもいろいろおかしいので、なかなか見つからなかった全長・直径の数値や最も真横に近いポジションから撮影されたと思われる写真などを探して比較すると、こうなっていた。
20190113SPPU22model_sizeprob.jpg
全体として4%ほど小さかったのだがそれはまあ誤差みたいなものとして。
ポッド後半部分(おそらく弾倉と思われる)がごっそり1mほど全長が足りてない。
これはさすがに……吊るした時に違和感が大きすぎる。

うまいこと断面に区切りの頂点が入ってるので、後半だけうにょーんと移動するだけで形状は合わせられ、またそれでUVマッピングを変えられないからそこんとこだけテクスチャの投射が引き伸ばされるのも見た目あまり問題なさそうだったんだけど。
1箇所でも頂点をいじるとなると、直接いじらないところでも一回全部の面をばらばらに分解して曲面をグルーピング指定しなおさないとゲーム内に戻せないので。
めんどくせーなー、と思いつつも、まあ本来Gen2016化ってこれだしな、と諦めて実行することにした。
機関砲の駆動部が半露出して元モデルがそこまで作り込まれてるので、その部分の分解が大変デス……

KMGU-2クラスター爆弾コンテナ、エクスポートした(テクスチャはまだ)

ソ連・ロシアのKMGU-2クラスター爆弾コンテナ、UVマッピング済ませて3DモデルをエクスポートしてIL-2 1946内で出現させるところまでできた。

20190112newKMGU2model.jpg
(スクリーンショットで抱えてるのはアメリカのA-4Mスカイホーク、吊り下げ位置の確認に使うウチの定番機。ソ連機はまだGen2016用定番機が存在しないのだ)

形状を仕上げてから4日ほど中断あったか。
中断中にどういう順序でどんなふうにUV割っていくか今後の作業手順を脳内シミュレーションしてたので、着手したらそこそこサクサクでしたけども。
2時間ぐらいかな?
シミュレーションが外れて試行錯誤を要するってこともなかったし。

将来ドア開状態を作り足すかは不明ですが、現時点は閉じた1通りのみ作成。
せっかくモデリングしてUVも割った内部の壁は今回マージしてません。


まだテクスチャを描いておらずベースのシルバー1色なだけなので、これからドア描き込むとか赤のマーキング加えるとかなんとかかんとかします。
それが済んだらひさびさにWeapon pack Generation 2016をアップデート配布できるかな。
明日昼ぐらいめどですかねー

(追記)
しまった、まだSPPU-22ガンポッド作ってなかった。

真波潜「王様の嫁は御庭番」を小説家になろうで読み終わった

こちらです。

真波潜「王様の嫁は御庭番」
https://ncode.syosetu.com/n5307ex/

剣と魔法のファンタジー世界ですねー。
R15 残酷描写あり。
完結してます。

戦争を終わらせたばかりの隣国間で、戦勝国であるソロニアの伯爵令嬢ナタリアが、敗戦国のヴァベラニア国王シャイアに嫁ぐところからの物語。
あんまり私が読み慣れないタイプの作品で、終盤は「ん?こういう世界観だったかー、気付かずにここまで読み進めてきてた、たはー」なところもありはしましたが。
それなりに読みやすく分かりやすかったですし、おもしろかったと思います。
出会えてよかった。
正直、読み終わる頃には「もっと長く、もっと広い世界の深い物語にまで大型化してもらっても読み切ったのに…」感すらあった。
きとんとたたむのもすごく大事なことだとは思いますけどもね。それだけこの世界と登場人物達を気に入ったんだよってことでひとつ。

昨日今日で読み通したわけではありません。
たしか昨年末、12月31日ぐらいから読みはじめて、章ごとに間隔あけて読み進めたような気が。
最後のエピソードを読み終わったのはさきほどのことです。

今冬好んで読み始めた、女性主人公のゲーム世界転生モノ・異世界転生モノでもなく(本作は純粋なファンタジー)、また悪役令嬢モノでもないのであります。
そして無料で読めるコミカライズでタイトルを知って原作を読みに来たわけでもありません(本作はコミカライズも商業出版もされていない)。
とはいえ、カタリナ・クラエスやらヴィオラ・マンジェリカ・フィサリスやらディアナ・クレスターやらジュリアンナ・ルイスやらフェリア(カロディア)やら、最近私が読んで気に入ってる規格外お嬢様の婚約やお嫁入り物語という線にはぴたりはまってますね。
本作のナタリアは彼女らと比べても1対1勝負なら全員に勝てるぐらいの規格外ですし。ここが好んで最後まで読み進めた理由の1つにはあたるかも。終盤、物語の進展に働きかけるキャラの割合においてナタリアの貢献が小さくなってったように思えたのは、それゆえに個人的残念感はあったかもなー…… そこまでのストーリーの間にナタリアがつないだ人と人によって、もはやナタリア個人の尽力でなくても解決に導かれたことには間違いないにしても。


本作を読むことにした出会いはちょっと遠回りだった気がします。
カクヨムで悪役令嬢転生モノなど探してて。
そしたら、たぶん偶然そのタイミングで新着欄にこのタイトルが上がってきてて。
へーって思って作品ページ開けてみたら、小説家になろうで完結しているものをカクヨムに最初から上げてってるって分かったので。
だったら小説家になろうで読んだほうがいいか、更新待たなくていいしKindle Fire HD8でAndroidアプリ使ったら縦書きで読みやすいしね、とそんな流れ、たしか。
カクヨムぼーっと眺めてなかったら出会わなかったかもしれないって思うと、縁って不思議~

ではでは。

RBK-500モデル作った

KMGU-2モデルがUV展開以降に進んでいませんが、疲れたから他のものちょろっと済まそうと思って。
500kgサイズのクラスター爆弾キャニスターでこれまで存在してなかったRBK-500を1種類作りました。

先にレタッチしてあったRBK-250をベースに、拡大と頂点移動でぱぱっと。
テクスチャはまた後でどうにかしないとね。

20190109RBK500model.jpg

キャニスター作ったのはいいですが。
子弾は作ってないので既存モデル使い回しで、不正確だな、と。
そこまでやってるとどうどうめぐりになるし気晴らしは済んだので、KMGU-2戻ります。
プロフィール

western0221

Author:western0221
2010年7月30日にIL-2 1946を始めました。
好きなアニメは「ゾンビランドサガ」「青春ブタ野郎は…」「抱かれたい男1位…」「となりの吸血鬼さん」「アニマエール!」「うちのメイドがウザすぎる!」「ゴブリンスレイヤー」「SSSS.GRIDMAN」「やがて君になる」「DOUBLE DECKER!」「寄宿学校のジュリエット」「色づく世界の明日から」「俺が好きなのは妹だけど妹じゃない」「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」「ゲゲゲの鬼太郎」「ブラッククローバー」。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問数
Twitter