IL-2 1946のTaxi to Take-offって気を使って設定しないといけないな

バージョン4.12.2mからでしたかねぇ、IL-2 1946でミッション自作して、AIを駐機場スタートさせ誘導路をタキシングして滑走路端に移動し、スロットル全開にして離陸していくウェイポイント指定ができるようになったのは。

このTaxi to Take-off機能を今までそこまでフルに使ったことなかったのですが。
Engine MODのAI挙動変更のチェックに、いろんな機種を順番に離陸させてその様子を確認したいと思い。
2本の滑走路・2本の平行誘導路・5箇所の駐機場があるOkiwanaマップ伊江島西側飛行場に4編隊を出現させて(たとえばF-4E・F-5E・F-105D・F-105F)誘導路を使って北側滑走路端に移動後、南向けて離陸していこうとウェイポイントを設定しました。

すると、エンジンの数によって始動が早い遅いなどのタイミングによって発生したりしなかったりしたのですが、同じ滑走路端を使おうとしてる別機種が相手方の存在を検知せず誘導路の合流地点でそのまま突っ込んで衝突事故起こしまくりになりました。
どうやら、同じ編隊の先行機の位置は検知してストップorゴーするようなのですが、別の編隊の機はまったく見ていないみたい。かまわずゴーゴーゴーになるのか……
これ防止するには、Taxi to Take-offオプションタブの下に動き開始するまでのDelay値を分(minutes)単位で記入する欄があるので(ウェイポイント最初のタブの、出現タイミングを設定する欄とはおそらく意味が違う)、ここで2分後に始動とか5分後に始動などとミッションクリエイター側が気を使って十分広い時間間隔をあけてあげる必要がありそうです。

Taxi to Take-offはそれで予防可能ですが。
これまで起きそうでなかなか起きなかった別の衝突事故も発生。
離陸して任務済ませて帰投してきた機体を、東滑走路に南から・西滑走路に北から同時進入させるミッション組んでたらですね。先に北から西滑走路に着陸して駐機場へのタキシングに移行した機体が、左折して東滑走路を横切ろうとし始めまして、そこにおっつけ南から着陸してきた機体がそのまま激突。両機とも爆散、さらに散らばった破片を踏んだ後続東滑走路利用機(AIは滑走路状況を判断して別滑走路に代替を探しに行ったりしない、かまわず降りる)が脚破損して擱座してそこに3機目も連続追突と、とんでもないことに。
着陸後のタキシング経路は指定不能で完全AIその場任せなので、こういうことが起きかねないなあとは思っていたのですが。なかなかドンピシャの衝突発生ミッションって組めないので、やっと起きたやっと見れた、やっぱりこうなるんじゃん!杞憂じゃなかった!!と少しばかり感動しました。
さあて……これAI改善で予防できるかなあ。タキシングの管理って中身どうなってるのかまったく知らないのよね。これから勉強しなきゃ。
それができるぐらいなら、Taxi to Take-offのほうも譲り合いできるようにできそうだけど。
その時の問題は、双方が同じように譲り合ってロックアップしないかだけど。左方優先みたいなルール作らないと。


(2018/04/10朝追記)
その後の追跡調査で、こういうことが分かりました。
http://il2itaki.blog135.fc2.com/blog-entry-3435.html
スポンサーサイト

2018年IL-2初日の出飛行、5年ぶりに参加~

blog振り返ってみたら、2013年はP-39で参加、これが最後だったっぽい。
2014年は参加予定せず、2015年は出るつもりあったけど寝飛ばした模様。2016-2017年は年末には出ようかなと思ってたがMOD作りに熱中しすぎて準備間に合わず取りやめ、だったかなあ?何も書いてないとどういう判断で止めたのか分かんないや。

で、今年はどうしよって思ってましたけど。
当日20時ぐらいから画像用意して、20時半ぐらいからテクスチャ貼り始めて、開始時刻21時すぎてから完成して。
SSDぶっこわれて交換してWindows7入れ直してからTS3が入ってなかったから、慌ててTS3から入れたけど、そしたら鯖に入れなくて。
しょうがないからIL-2 1946で行けばなんとかなるだろー精神で参加。

またもラストの着陸失敗をしてしまいましたが、離陸して空中で初日の出をおがむのはできました。
持ってったスキンはこんなの。
20180106newyear.jpg
昨年10-12月に放映されて私もかんなりハマった(というか正月休みの間に再ハマり中)「Just Because!」から2シーンをほぼ無加工でべたべたーっとJu 87の主翼上面に。
このアニメ、犬飼ってる女子が2人出てきてたので、戌年にいいかなって。
もういっこ、『オーナー』って犬が登場する、これまた好きだった前期アニメ「ブレンド・S」もネタ候補に考えてたんですけども。
登場シーンを見比べて、貼りやすいのこっちかしらんって。放映終了後に好き度まで逆転してるかもだし……
んでそれぞれの女子が飼ってる犬が映ってるシーンを取り出したら、なんと脇役が入ってるのに主役の瑛太くんが欠席というですね。ゴメンネ。

TS無くて指示出せなくてご迷惑おかけしたかとは思いますが。
ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。


(あっ、追記~)
そういえばジョイスティックX55のセットアップもラダーペダルのセットアップもしてないままだったので。
MOD開発テストフライトはアナログ回りいじってるんでなければキーボードで事足りるしで。
初日の出もキーボードだけ&視点移動マウスでJu 87操縦してたんでした。

熊本のあたりでどうしてもトイレ行きたくなってー(爆)
トリム調整して、墜落はしないだろーーって状態で行ってきたら、高度は維持できてましたがわずかに左にロールしてたもんで270度ぐらい旋回してました。90度回り足してすぐ追いつけたのでよし。
でもやっぱ、ゆるーくとはいえ編隊で飛んでいくのキーボードではちょっとしんどかったです。

IL-2 ... Cliffs of Dover - Blitz Editionが発売になってます

完全新作として期待されて2011年春に発売されたものの、収録機体が少ないままだったり、バグだらけ・飛行中の3D描画が無駄に重くて気軽に飛べないといった不具合も修正があまりされずで閑散としてしまった「IL-2 Sturmovik: Cliffs of Dover」。

それがTeam Fuzionによって修正されたバージョンが本家となって、昨日からSteamにて新たなる「IL-2 Sturmovik Cliffs of Dover - Blitz Edition」として発売になりました。
旧Cliffs of Doverの所持・導入は必要なく、定価¥2,570-のこのEditionのみ購入することですべての機能が有効で遊べる形態です。

しかーーし、ここで旧Cliffs of Doverオーナーに朗報。
Steamで旧Cliffs of Doverをレジストしているプレイヤーは、Blitz Editionを追加購入する必要は(すくなくとも現時点では)ありません。
Blitz Editionのショップページを開くと、「Blitz EditionはあなたのSteamライブラリに既に存在します。」と表示され、ランチャーのライブラリに旧Cliffs of Doverと分かれてタイトルがもう存在する状態になっているので、ここから選ぶと購入・支払い手続きなしにダウンロードが開始されます。ダウンロード完了後にインストールを実行し、Windowsを再起動すると遊べます。

フリーフライトちょっとしてみましたが、さすがに各種設定MediumのままでふっるーいAMD A8 APUのオンチップRADEONではかなりfps面でキツかったです。18ぐらいかなあ。このPCだとDCSもそんなもんだし、性能的には妥当な重さかなって。
なので安定性とかの評価はもっとパワフルなマシン持ってる方にお任せ。
キー割当もしてないままだから飛ばし方分かんないし。
空や町並みの描写はMediumだとなかなか美しいなあと思いました。

旧Cliffs of Doverオーナーは、とりあえず入れてみるのオススメです。

新しいソロモン海・珊瑚海MODマップがSASに出てますね

先にしたらばのほうに書いてきたのですけども……

新しいソロモン海・珊瑚海MODマップがSASに出てます。
Mod Maps > PTOのとこ。

導入がめんどくさいみたいで、自分のことやるのに手一杯でまだ試せてませんが。
真ん中にソロモン諸島があって、左上にラバウル・右下にレンネル島まできちきちにとってあるので、複数の基地からの陸上機対艦隊艦上機決戦ミッションなどが用意しやすそうで、大変興味を惹かれました。

ご紹介まで。

やっぱ7200rpmのHDDは遅いなあ

今使ってるPC、5年ほど前に自作したもので性能自体は結構しょぼいんですけれども。
ストレージだけはつぎはぎで増設したりしてるんで、ドライブの数だけは多かったりで。
MOD作成と、その動作テストのためにIL-2 1946の実行フォルダが数十単位で存在するんで、どのドライブで何をするか使い分けが上手く行かず。残量不足で本務ではないドライブを一時的に使うことも。

Windows起動ドライブ:SSD 240GB
IL-2 1946主実行ドライブ:SSD 120GB
モデリングと1946副実行ドライブ:10000rpm HDD VelociRaptor 1TB
プログラミングと1946バックアップドライブ:7200rpm HDD 2TB

って感じなんですけれども。
IL-2 1946主実行ドライブのSSDが120GBしかないもので、MOD入れたゲームフォルダだと3つしか置けません。
なのでバージョン違いなどは超高速HDDのVelociRaptorに入れてあります。
あと大きな画像や3Dデータを扱うモデリングのセーブもここに。

ただ、今回Engine MODの動作検証するときに既存環境を壊さないよう、さらに新しいフォルダを用意しようとしたら。VelociRaptorがいっぱいになってたもんで、しょうがないのでウチで一番遅い7200rpmのHDDでゲーム実行してました。
そしたら、やっぱ遅いんです。
起動が遅いのはまあまだ待ってるだけなのですが。QMBで飛行機飛ばして状態確認してから、ミッション終了してメニューに戻ってくるところが妙に待たされてイライラした。状態確認して、そこで良かったか悪かったかによって、プログラムコードを変更したり、あるいは別の機体に乗り換えて追加チェックしたかったりする、そのタイミングなので。単に起動するときより気持ちが急く。
HDDとはいっても回転が速くランダムアクセスが有利だからか、VelociRaptorだとこんな待つ感じしないんですね。

最近、またちょっとSSDは安くなってるので。
240GBを追加で買ってきて、実行フォルダコピーして120GBを退役させるかなあ。
VelociRaptorもそろそろ寿命が来てもおかしくない時期なので、寿命を見越したリプレースも考えないとで、さてなあ。
プロフィール

western0221

Author:western0221
2010年7月30日にIL-2 1946を始めました。
好きなアニメは「ダーリン・イン・ザ・フランキス」「刀使ノ巫女」「多田くんは恋をしない」「グランクレスト戦記」「ひそねとまそたん」「フルメタル・パニック! IV」「Lostrage conflated WIXOSS」「SAO ガンゲイル・オンライン」「BEATLESS」「ゲゲゲの鬼太郎」「CCさくら CC編」「ブラッククローバー」「ラストピリオド」「ニル・アドミラルの天秤」。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問数
Twitter