夏アニメの原作いろいろ買ってきてるのだけど

昨年末までは、あんまりそうなることってなかったように思うんですけども。
今年になってからテレビアニメで初めて触れた作品に「これおもしろい! アニメ最終話のその続きが気になりすぎるから原作買って読む!!」ってことが増えてきました。
そのぶんミリタリ資料を買わなくなったかなあ。どうしても小遣いが有限なので。

冬アニメで買い始めたのが「政宗くんのリベンジ」。コミックス読み終えてさらに最新話読むためComic REXも買ってる。
春アニメだと「エロマンガ先生」と「武装少女マキャヴェリズム」。どちらもラノベ・コミックスを読み終えてる。

そして夏アニメは「ボールルームへようこそ」を読み終え(感想書いてる http://il2itaki.blog135.fc2.com/blog-entry-3277.html)、買ってきたばかりでまだ読んでないけど、追加で「ゲーマーズ!」と「徒然チルドレン」まで揃えました。
ほんとは「メイドインアビス」、「恋と嘘」も買いたかったりするが……
次にアニメとコミックスを比較した感想をここに書くとしたら、徒然チルドレンだと思う。

んでこれら全部紙の本で買ってきてて、電子じゃないんですよ。
電子のほうが…部屋の狭さが……ってなってきてるのですけど。
いろいろ取り寄せとかで無理聞いてもらってる地元の本屋さんがオタ部門も頑張って入荷してくれてて。マンガ雑誌買ったりで毎月3~4回寄るんですけど、寄るたびに「テレビアニメ放送開始」な帯がついてるコミックやラノベが陳列されてるの見るとねえ……地元住民としてはある程度は貢献しないとかなあって、なりまして。
どうしても電子に全面切り替えできないのであります。

秋アニメではどれが原作買いたいってなるかなぁーー?
スポンサーサイト

2017年秋アニメ、個人的に「つうかあ」をプッシュ

第1話が早いものではもう放映が始まってる2017年秋アニメ。
私が個人的にプッシュしたいのが「つうかあ」です。

公式サイト → http://twocartv.jp/

放送局がAT-X(スカパー有料)、TOKYO MX、サンテレビ、KBS京都、BSフジと偏ってるので。
BSアンテナつけてれば全国どこでも無料で見れますが、地上波でってなると見れないところが多い。
ネタ的にもスタッフ的にも、おそらくこのアニメが大人気になる確率はかなり低いだろうなあとは思いますけども、それでも私にはいろんなところがピピッときたので、第1話の前にここに書いておく。

私がどんなところにピピピッと来たか、列挙。

・美少女いっぱいである
これ大事。

・キャラクターデザイン原案がTivさん
私がTivさんを知ったのは今年はじめに放映されてた「政宗くんのリベンジ」からなので、ニワカもニワカなんですけれども。
そのクールでトップのハマリ度になるわ、原作コミック全部買うわ、出てる最終巻の続きが気になりすぎて月刊Comic REXまで毎号Kindleで買って読むようになるわってほどに好きになりましたから。
これにも期待なのです。
あ、「エロマンガ先生」でも劇中で紗霧ちゃんが描いてたラノベ挿絵イラストなどを手がけられてたのもこのTivさんでした。

・テーマがサイドカーレース(ニーラーレース)
走ったり飛んだりするメカならなんでも大好き人間の私にとってはズビシ。
実は鉄道・飛行機・船・四輪・装軌などにくらべるとバイクやサイドカーは一番と言ってもいいほどに興味が薄い分野ではあったりするのですが。それでもやはり。ロボとバイクどっちが好きかって言われたらバイクって答えはするぐらいには好き。
いちおう原付二種乗れる免許あるし乗ってたこともあるし……

・サイドカーだからドライバーとパッセンジャーのコンビ芸が求められる
結構昔の「劇場版 ああっ女神さまっ」でもサイドカーが出てきたりしてましたが。
2人で息を合わせないとちゃんと走れない、レースで勝てない。
そこが1人で頑張ればいいだけのレースや競技とは違う。
ここで、たとえば「ガールズ&パンツァー」と同じような1両の戦車・サイドカーに乗り合わせた女の子たちの間での協力関係とか、そういった固有のドラマが描かれることに期待ができる。

・レースだから、目標に向かって頑張ろうって前向きな女の子たちを見られそう
これもガルパンなんかと一緒ですけど。
やっぱりこういう頑張ってる女の子ってアニメの中でもキラキラしてて好きになれます。

・オリジナル作品である
ライトノベルやコミックの原作を持っていないので、これからどうなるんだろうっていうところを新鮮な気持ちで毎週楽しめると思うし。原作読者からネガな評判が事前に聞こえてきたりもしない。
もっともこれは、監督や脚本家・プロデューサーがきちんとストーリーを組み上げ終えずにライブ感覚でアニメ作り始めちゃった場合に、終盤gdgdになってちゃんと〆ってないって問題が発生したりもするので、そうならないことを祈るのみ。
監督もオリジナルやるの初めてっぽいので、ここはなんともいえない。

・監督とキャラクターデザインが政宗くんコンビ、制作もそう
監督:田村正文、キャラクターデザイン:澤入祐樹、制作:SILVER LINK.っていうのは政宗くん作った組み合わせなので、Tivさんの絵を動かすってことに実績ある。
そして政宗くんなかなか楽しく見られた。
ここはポジなポイント。
でもSILVER LINK.だと中盤から作画がちょっと怪しいなぁ~ってテレビアニメが多いので、そこは不安を持つ点ではある。楽観視はまったくできない。なんとか耐えて欲しいと願うばかり。


たぶんねーー
放映が始まってしまうとねえ……
「いいぞ傑作だぞみんな見ようぜ」っていい方向で話題になることもなければ。
「ひでえアニメやってるぞ、みんなで見てバカにしようぜ」っていうマイナス方向に振り切って話題になることもない。
評判の真ん中付近で空気扱いされるものになりそうな予感が90%ぐらいしてるんですけど。
そんなだから、私はこれ支持しなきゃなって、そんな気分だったりします。
はーーっはっはっは。

ガーリッシュナンバーのキャラソンCD買いました

3月末に発売になってたみたいなんですが買い損ねてた、テレビアニメ「ガーリッシュナンバー」のキャラソンミニアルバムCD「~Growing!~」、やっと買いました。

千歳ほかガーリッシュナンバー5人と七海ちゃんに個別ソロ曲計6曲、ガーリッシュナンバー+七海ちゃんの6人合唱曲「Growing!」の、全7曲入りミニアルバムでした。
アニメ劇中で挿入歌として流れたものはひとつもなくて、全部このCDが初出じゃないかな。

正直、そこまでキャラソンっていうものに期待していないのが日常なので、それでもこのタイトルのものは買ってあげるかなあってことで遅ればせながら買ったわけですが……
悪い意味で予感通りっていうか。
7曲のどれもピンと来なかったです。
OP/EDや劇中歌はすっごく良かったんですけどねぇ~~~~~
登場キャラクターたちが、その生きてる作品の中で、特に若手声優の成長をテーマにしたこのアニメでは生活していくための仕事の一環として歌も歌う、それが劇中歌だったわけで。そこには各キャラクターの『生(なま、あるいはせい、ダブルミーニング)』そのものがこもってると言っていいんですけれど。
キャラソンだとその外から客観視した内容や曲調になることが多く、実際この7曲もそんな感じだったので、なんかこう、ノレないっていうか……
冴えカノ1期のときのキャラソン3曲なんかはすっごーーく好きだったりはするので、ハマれるキャラソンもたまにはあったりするんですけども。
今回はそうではないいつもの期待感薄い、ただのキャラソンでありましたね、はい。
まっ、それも買って聞かないと確認できずにどうなんだろうどうなんだろうってモヤモヤしますから。「うん、やっぱりね」ってすっきり。

以上。

政宗くん熱醒めやらず、REXの番外編商法に突き落とされる

3月まで放映されていた「政宗くんのリベンジ」。

2017/1月期アニメは政宗くんとアイドル事変のツートップ
http://il2itaki.blog135.fc2.com/blog-entry-3128.html
2017/1月期アニメ、トップ政宗で幼女戦記が急伸
http://il2itaki.blog135.fc2.com/blog-entry-3139.html
政宗くん最終12話カラオケ回参加声優ソロデビュー率メモ
http://il2itaki.blog135.fc2.com/blog-entry-3193.html

などと放映期間中からクールトップの好き度をとっていましたが。
アニメ放映最終話を見てからも熱が醒めやらず。

政宗くんのリベンジ、原作コミック1-8巻買って読んだ感想
http://il2itaki.blog135.fc2.com/blog-entry-3205.html

と原作コミックも、アニメの先のところまで、発売されてるぶん全部買ってきて読みまして。

一回読んだだけでなく。
特に7-8巻は何度も繰り返し読んで。
そこを読んだ上で、そこに至る最初からのストーリーも読み返したくなるから1巻に立ち戻って8巻まで通して読んだり。
再びアニメを見たくなったから、録画しておいたアニメをぶっ通しで再生したり。
アニメ最終話を見たら、その続きからコミックをまた読んだり。

たしか、アニメ最終話の後で1回ぶっ通し再生して。
それからコミック全巻買ってきて、読んで。
読んだ後で2回ぶっ通し再生した気がする。
そのぐらいハマり続けてる。
そのぶん新作アニメの視聴が犠牲に。ぐぬぬ。

そうなると、気になるのは8巻がああいう終わり方をしただけにの、その次のエピソード。

なんですけど、8巻のラストがその第39話で、その次のエピソードが気になりすぎる終わり方してて……
「Comic REX買うか?第40話が読みたかったらバックナンバー漁らないとだけど、いやいやでもでもさすがにそれは……」ってなった。
こんなので月刊雑誌買ってたらキリがないので、単行本待ちますけど…… 連載ペース考えると、出るの早くて8月末かなあ?待ち遠しすぎます。


って書いてたのは、月刊漫画雑誌なんか買ってきても読みきれないし保管するのも困難だしで、なんですけど。
えっ、Comic RexってAmazon Kindleで公式に電子版発売されてるの!? 電子版ならとりあえず保管場所は気にしなくていいじゃん…… ってことに気づいたのがマズかった。
今年の3/4/5月号、Kindleで買ってしまいました。
あちゃーーーーー

そしてKindle版各号のカスタマーレビューにも書いてる人がいる通り。
この3号すべて、掲載されている政宗くん、39話の本編ストーリーの続きの40話ではなく。
過去を埋めるサイドエピソード39.5話であった……という。
さすがに4月27日(ぐらい、たぶん)発売の6月号には本編40話が掲載されるらしい。
いやでもこれ、番外編商法といえば商法なんですけど、マーケティングとしては大変に正しい、悪い意味だけではなく良い意味でも巧妙な掲載スケジュールだと思います。
3月末までテレビアニメを見て(この時点で5月号が発売直前直後)、原作が気になってコミック8巻まで買って読んだ人が(ここで何日かタイムラグがあったらRex5月号が購入困難になりうる)、1ヶ月の余裕を見てその次に発売される6月号でもって8巻の続きの本編エピソードが読める。
もうこれ6月号買うしかないじゃないですか!
「続き気になったけどなー(チラッ バックナンバー買うほどじゃないしなー(チラッチラッ」という言い訳が見事に封じられる。
いやKindleで買えるんだったらバックナンバーも即座に、ではあるんですが、売り切りでバックナンバー入手が難しい紙雑誌ベースを想定したってことで、それはそれ。
や、や、だからといって、3/4/5月号に払った1500円返せよ、とは言いませんけど。ある程度は分かってて気になって買ったわけなので。
完全に、政宗くん(とそのスピンオフ)以外は読まずに捨ててる今ですけど。
5月号には、クール教信者原作で漫画ヤスの『でぃおてぃまにゅある ~神様たちの恋愛代行~』ってのも表紙掲載されてるとのこと。気にはなるので今度読むかな、とか思ってないわけではない。他にも読むものはいくつかあるでしょう。その時間をどうやって捻出するかが問題なだけで。

ていうか27日ってあと4日ですけど。
電子版って0時すぎたらダウンロード可能になるのかな……?
ウチのとこの普通の書店って月刊誌は1日遅れ入荷が通常なので、まともに紙で買ってたら28日の夕方に書店で買って帰ってきてそれから読むってことになるんですが…… 2日近く早く読める計算に???

モノヅクリ系オタクは「ひるね姫」見に行け、という話(私は未見)

私自身が未見なのにこういうエントリ書いちゃうのもなんですけど。
来週末ぐらいに見に行けるかな(さすがにそれまでは上映してるだろ)と計画してて、見て帰ってきてからblog書いてたのじゃ、読んだ人が「もうこっちじゃ終わってる」ってことになりかねないので、あえて書きます。

現在公開中の劇場アニメ映画「ひるね姫」
http://wwws.warnerbros.co.jp/hirunehime/

見に行った人たちから「これはモノヅクリ系エンジニアにぐっさり刺さる」「これロボオタク層こそ見るべき」「ここまで自動車メーカーに喧嘩売りまくってて大丈夫か」「君の名は系かと思って見に行ったらパシフィック・リムだった」といった、濃ゆい感想が上がってるらしく。
一方で、TVで流れてるショートPVや一般層へのプロモーションでは、「君の名は。」系の男女青春ジュブナイルっぽく見せかけられてるから、それを期待して見に行ったパンピー若人がガッカリして酷評を招いてるとか、そういう指摘もされてます。

私はSAO劇場版を見に行った時に本編前にかかってた予告で、公式サイトからYouTubeで流れる1分45秒予告編と同じものを見て、その1分以降の部分で「おぉ?なんか考えてたのと違うぞこれ?」ってなったので。そういう感想を見かけても、ああなるほどやっぱりそうだったか、ってなっただけですけど。
やー、実は私はガチのオタクではあるんですけど。春アニメでは「月がきれい」に大いに期待してたり、男女の成長モノとか恋愛モノとかそういうのもかんなり好きなので。前述の予告見た時に「なーんだー、期待してたのじゃあないんだなあ」って思っちゃったりしました。てへ。
まあその私個人はさておき。そんなわけで、内容はガチオタ向けなのに変にパンピーに向けた宣伝だけしてしまったせいで、寄ってきたパンピーはガッカリさせちゃうし、本来刺さるはずのオタク層は最初から見向きしてくれないしで、劇場の人入りも低迷してるとか。コマ数減ったり、上映期間短縮されるかもとか噂が。
なので。
おそらく、ウチのblogだなんていう狭い狭いとこを読みに来てくださってる方の多くは、この劇場アニメの本来の対象になるはずの人たちだと見込んで。「やってるうちに見に行こう!さあ!!」というエントリでありました。
プロフィール

western0221

Author:western0221
2010年7月30日にIL-2 1946を始めました。
好きなアニメは「ボールルームへようこそ」「ブレンド・S」「宝石の国」「このはな綺譚」「Just Because!」「魔法使いの嫁」「妹さえいればいい。」「結城友奈は勇者である2」「クジラの子らは砂上に歌う」「UQ HOLDER!」「つうかあ」「アイドルマスター sideM」「アイカツスターズ!」「タイムボカン逆襲の三悪人」「少女終末旅行」。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問数
Twitter