(配布終了) 船拡張MOD ver2.21.0 for 4.12.2m 配布

本MODの当blogでの配布は終了しました。

バージョンアップは継続しており、最新版はSASのShipsコーナーにて配布しています。

~~~~~~~

船拡張MOD(Ship Extentions MOD)のversion2.21.0出します。
本体バージョン4.12.2mのみの対応です。

4.11.1mと4.10.1mについては、version2.13が最終版となります。
以前の配布エントリからダウンロードしてください。
http://il2itaki.blog135.fc2.com/blog-entry-1372.html

こちらを導入することで、エセックス級航空母艦アングルドデッキ版・クレマンソー級航空母艦をフルファンクションで導入可能となります。

4.12.2m - ttp://www.mediafire.com/file/ltv--3..--ube5gc/ShipExtention2.21.0%284122%29.7z

本MODの動作にはSAS Engine MOD 2.7.5 westernもしくはより新しいバージョンが必須です。
https://www.sas1946.com/main/index.php/topic,52489.0.html

version2.13.2を導入されていた方は、iniファイルには一切変更ありませんので、iniファイルを書き換え直す必要はありません。
ただし、「SAM Generic」フォルダからコンフリクトを起こすファイルを消していますので、クラスファイルについては上書きではなく旧ファイルを完全削除の上で新ファイルを置いてください。

拡張機能内容
・柔軟な砲・銃パラメータ追加
・より賢い砲発砲AI
・魚雷に国タイプ別パラメータ追加(日本の酸素魚雷もあるよ!2.11でType93Mod3も追加したよ、2.12でイタリア45cm追加)
・現代的回転継続レーダー(2.00追加)
・SAM/SSM/SUMといったミサイルの発射の準備工事(2.10追加)
・煙の種類+2(2.11New!)
・沈没時に水兵が居なくなる(2.11New!)
・焼玉エンジン効果音追加(2.11New!)
・空母甲板のJet Blast Deflector対応準備済(2.20New!)
・船が沈没判定となったとき海中に沈んでいく所要時間をユーザーが任意に長短指定(2.20.2New!)
・船1種類ずつの個々に、嵐の中の安定度をships.ini内にユーザーが指定可(2.20.3New!)
・特別に3DとJavaクラスファイルが用意された空母に対して、
・ミラーランディング支援装置やIFLOLSといった光学着艦支援設備の機能を提供(2.20.4New!)
・スタートアップ時のエラーログを短縮選択可、要Engine MOD 2.7.5w(2.21New!)

アップデート
・4.11.1mの新機能「雲によって高角砲の視界が遮られる」を導入(2.13New!)
・4.12.2mの新機能「高角砲に撃たれると敵飛行機が回避行動をとる」を導入(2.13.2New!)
・なお、Stock 4.12.2mから存在した、空母が沈むとエラーが発生して一時的にfpsが低下するバグも修正してあります。(2.20.4)


仕様
・ミサイル発射機能がマルチプレイに対応してないかもしれない(未確認)。結果報告ください。

ships.iniを大量に書き換えるので結構大変ですが(主に陽炎級の水増しのせいでさぁ)、頑張ってください。
書き換えが完了すると、日本の陽炎級全艦と秋月が61cm酸素魚雷93式を撃つようになります。2.11で雪風&天津風/1945は射程を短くして炸薬量を増やした三型を撃つようになります。
アメリカのフレッチャー級もMk15トルペックス版を撃つようになります。
爆発威力ではフレッチャー級のMk15トルペックスは93式一型に伍するものになっています。
ドイツ潜水艦は、電池駆動で雷跡が出なかったG7eを再現して、速度は遅いけど雷跡は出ない魚雷を撃つようになります。水上艦はG7aを撃ちます。
asheさんやgioさんのMOD船にも対応してて、gioさんのシムス級では1941はTNTのMk15撃って1943はトルペックスのMk15撃ちます。

version1.01で日本の61cm空気魚雷追加しました。
デフォ船では対応するものが無いですが、MODでgioさんの睦月型がこれを撃ちます。

version2.11で増やした煙ですが、デフォルト艦ではUSS Wickes classのUSSDentDD116とUSSWardDD139が石炭焚きの長い黒煙を流すようにしたものを同梱してます。
gioさんの峯風型の峯風・秋風の/1920~21も同じくです。
gioさんの鵜来型海防艦とイタリアGabbiano Corvetteがディーゼルの煙を吐くようにしてます。

焼玉エンジンはIJN Fish Junkがこの音がするようにships.iniを書き換えるサンプルを入れてます。

んーで、さらに追加:IJN伊58潜水艦95式酸素魚雷つき&USSガトー潜水艦Mk14トルペックスつき詰め合わせMOD
53cm酸素魚雷の95式もデータ作ったのですが、撃てる船がデフォルトにないので、デフォデータ流用で伊58を名乗らせました。
アメリカもデフォルトガトー級2隻はTNTのMk14を撃たせるようにしたので、トルペックスを撃つ潜水艦が欲しいなということでコレも流用で。
http://www.mediafire.com/?4s44435x918660u
Ship Extentions MOD必須です。

収録した魚雷のデータ。

国 形式名 炸薬種類 TNT換算爆発威力kg 速度(knot) 射程(m)
RN MkIX TNT 327 41 10000
RN MkIX Torpex 547.5 41 10000
RN MkVIII TNT 327 41 6400
RN MkVIII Torpex 547.5 41 6400
Russia 5339 TNT 317 39 8000
USS Mk14 TNT 292 46 4100
USS Mk14 Torpex 438 46 4100
USS Mk15 TNT 375 45 5500
USS Mk15 Torpex 562 45 5500
IJN 53cm Type95 Type97 480 48 9000 (No wake)
IJN 61cm Type93 Type97 576 48 20000 (No wake)
IJN 61cm Type93Mod3 Type97 970 48 15000 (No wake)
IJN 61cm TNT 390 39 8000
German G7a TNT 280 40 8000
German G7e TNT 140 30 5000 (No wake)
Italy 53M TNT 270 46 4000
Italy 45W TNT 200 44 4000

この魚雷のスペックはおかしいとか、この魚雷ふやしてくれとかあったら言ってくださいませ。




・ver2.20.3の新機能: 船1種類ずつの個々に、嵐の中の安定度をships.ini内にユーザーが指定できるようにします。

・"StabilizeFactor" の使い方
ships.iniを開き、安定度を変更したい船を検索します。
たとえばイギリス海軍の空母イラストリアスなら、[HMSIllustriousCV]から始まるエントリがそこです。
イラストリアスの初期パラメータは、[HMSIllustriousCV]に続いて以下のようになっていますが
| // Motion Parameters
| SliderDistance 567.5
| Speed 28.243 //56.486
| SoundMove models.Ship
|
| IsAirport 1
|
| // Vitals
|
| [HMSIllustriousCV:Part0]
IsAirport と // Vitals の間に、次の1行を追加します。
| StabilizeFactor 2.0
この2.0が、安定度を2倍にするように働きます。
Stockゲームでは、空母のように大型の船で悪天候下で大きく揺れすぎる傾向がありますので、
この数値をそれぞれの船に適切に追加していくことで修正可能となります。
プレイヤー側で1隻1隻に追加していってください。
このStabilizeFactor値は0.5から5.0の間で指定可能です。




・ver2.20.2の新機能: 船が沈没判定となったとき海中に沈んでいく所要時間をユーザーが任意に長短指定できるようにします。

・"SinkTimeMultipiler" の使い方
IL-2 1946がインストールされているルートフォルダにあるconf.iniをテキストエディタで開いてください。
その中に "[Mods]" というセクションが既にあればそこへ、なければ末尾に "[Mods]" セクションを書き足してください。

| [Mods]
| SinkTimeMultipiler=2.0
と記述すると、沈没所要時間は2倍に延長されます。

| [Mods]
| SinkTimeMultipiler=0.8
と記述すると、沈没所要時間は80%に短縮されます。

このSinkTimeMultipiler値は0.3から10.0の間で指定可能です。

スポンサーサイト

(配布終了) 船拡張MOD ver2.20.4b パッチ for 4.12.2m 配布

このバージョンは配布終了しました。




船拡張MOD ver2.20.0 for 4.12.2m 配布
http://il2itaki.blog135.fc2.com/blog-entry-1848.html

への機能追加パッチです。
ver2.20.1の機銃バグ修正パッチ、ver2.20.2のSinkTimeMultipiler追加、ver2.20.3の船1種類ずつに嵐の中の安定度指定追加、を含みます。

とりあえずベータって形で配布しますが、バグなど要修正点が出てこなければそのまま正式版に移行します。

ttp://www.mediafire.com/file/917...p7lk/ShipExtention2.20.4b%284122%29patch.7z


いちおう、いっこ前の2.20.3のダウンロードリンクも残しておきます。
tp://www.mediafire.com/download/o2o8m...6ww/ShipExtention2.20.3%284122%29patch.7z


・ver2.20.4bの新機能: 空母の視覚着艦支援(ミラー着艦支援やIFLOLS)実装
ユーザー側で設定する項目はありません。
MOD作者側で空母の3Dモデル内に必要なパーツを整えてクラスファイル内に設定記述を行います。
なお、Stock 4.12.2mから存在した、空母が沈むとエラーが発生して一時的にfpsが低下するバグも修正してあります。


・ver2.20.3の新機能: 船1種類ずつの個々に、嵐の中の安定度をships.ini内にユーザーが指定できるようにします。

・"StabilizeFactor" の使い方
ships.iniを開き、安定度を変更したい船を検索します。
たとえばイギリス海軍の空母イラストリアスなら、[HMSIllustriousCV]から始まるエントリがそこです。
イラストリアスの初期パラメータは、[HMSIllustriousCV]に続いて以下のようになっていますが
| // Motion Parameters
| SliderDistance 567.5
| Speed 28.243 //56.486
| SoundMove models.Ship
|
| IsAirport 1
|
| // Vitals
|
| [HMSIllustriousCV:Part0]
IsAirport と // Vitals の間に、次の1行を追加します。
| StabilizeFactor 2.0
この2.0が、安定度を2倍にするように働きます。
Stockゲームでは、空母のように大型の船で悪天候下で大きく揺れすぎる傾向がありますので、
この数値をそれぞれの船に適切に追加していくことで修正可能となります。
プレイヤー側で1隻1隻に追加していってください。
このStabilizeFactor値は0.5から5.0の間で指定可能です。




・ver2.20.2の新機能: 船が沈没判定となったとき海中に沈んでいく所要時間をユーザーが任意に長短指定できるようにします。

・"SinkTimeMultipiler" の使い方
IL-2 1946がインストールされているルートフォルダにあるconf.iniをテキストエディタで開いてください。
その中に "[Mods]" というセクションが既にあればそこへ、なければ末尾に "[Mods]" セクションを書き足してください。

| [Mods]
| SinkTimeMultipiler=2.0
と記述すると、沈没所要時間は2倍に延長されます。

| [Mods]
| SinkTimeMultipiler=0.8
と記述すると、沈没所要時間は80%に短縮されます。

このSinkTimeMultipiler値は0.3から10.0の間で指定可能です。

(配布終了) - 【β版】私製パッチ SAS Engine MOD 2.7 for 4.12.2m,Hotfix 20160919

私の追加したBomb Select機能に残っていたバグの修正。
Stockコードに存在したGears.nearGround()メソッド動作バグの修正。
を行っております。

F-105で爆弾混載時に投弾後フリーズしてたのが直ってます。




ひきつづきβ版なので導入は自己責任でお願いします。

また本日のもふたたびHotfixとなっております。

フルパッケージで配布している、私製パッチ SAS Engine MOD 2.7 for 4.12.2m, 20160504
http://il2itaki.blog135.fc2.com/blog-entry-2889.html
を導入後、同じフォルダに本日のHotfixを上書きする形になります。
2週間ほど待ってバグ報告等がなければ、フルパッケージ化する予定です。
20160822版までのHotfixの内容は全部含んでますので、途中のHotfixは不要です。

・Stock 4.13.2mの爆弾投下優先選択やSalvo/Train投下モードを取り込みました
・さらに機体クラス側で有効化すると、複数爆弾を混載している時に種類を選択しての投下も可能となります
・燃料投棄(Dump Fuel)を行う際、機体からの投棄エフェクトが3箇所から行えるようにしました
・i18nフォルダ下のcontrols.propertiesファイルとhud_log.propertiesファイルを置き換えてますので、もし別MODで置き換えが生じていたら手動でマージしてください

・「Stabilizers for all aircraft」MODの機能をマージしました。
この機能は、conf.iniに次の行を追記することで有効となります。

[Mods]
Stab4all=1

このStab4all行が存在しないか、「=0」と書かれていると無効となりStock動作となります。

JapanCatさんマージエフェクト20151031版向けHotfox
ttp://www.mediafire.com/download/69qy2jv----co/MargeEffects_20151031R_patch_western_20160919Hotfix.7z

単体SAS Engine MOD 2.7向けHotfox
ttp://www.mediafire.com/download/li19st1ko----ff/SAS_Engine_2.7_patch_western_20160919Hotfix.7z

あわせて、20160816版の新機能をいち早く試したいかた向け。
F-105で爆弾選択機能を有効にするパッチはこちら。
http://www.mediafire.com/download/en2cqcm1eawu21a/F-105_bomb_select_patch20160816.7z
SASでVegaさんが公開したRanwersさんのF-105を導入した後にこのパッチをあててください。
"Toggle Bomb Select Mode" で爆弾種類と投下方法を選択します。
また、そこでTrainを選んだ場合は、4.13.2mと同様に一度の投下弾数や投下間隔を以降の新機能キーで設定できます。

(配布終了) 【β版】私製パッチ SAS Engine MOD 2.7 for 4.12.2m,Hotfix 20160822

新しいバグ修正版を出しましたので古いのは配布終了。




SASでStorebrorさんが配布してる「Stabilizers for all aircraft」の互換性が無いけど使いたいーって要望があったので。
SAS Engine MOD 2.7にその機能をマージしつつ、conf.iniに1行書くことでMOD自体の入れ外しをする必要なく有効・無効の任意切り替えを可能にしました。




ひきつづきβ版なので導入は自己責任でお願いします。

また本日のもふたたびHotfixとなっております。

フルパッケージで配布している、私製パッチ SAS Engine MOD 2.7 for 4.12.2m, 20160504
http://il2itaki.blog135.fc2.com/blog-entry-2889.html
を導入後、同じフォルダに本日のHotfixを上書きする形になります。
2週間ほど待ってバグ報告等がなければ、フルパッケージ化する予定です。
20160816版までのHotfixの内容は全部含んでますので、途中のHotfixは不要です。

・Stock 4.13.2mの爆弾投下優先選択やSalvo/Train投下モードを取り込みました
・さらに機体クラス側で有効化すると、複数爆弾を混載している時に種類を選択しての投下も可能となります
・燃料投棄(Dump Fuel)を行う際、機体からの投棄エフェクトが3箇所から行えるようにしました
・i18nフォルダ下のcontrols.propertiesファイルとhud_log.propertiesファイルを置き換えてますので、もし別MODで置き換えが生じていたら手動でマージしてください

・「Stabilizers for all aircraft」MODの機能をマージしました。
この機能は、conf.iniに次の行を追記することで有効となります。

[Mods]
Stab4all=1

このStab4all行が存在しないか、「=0」と書かれていると無効となりStock動作となります。

JapanCatさんマージエフェクト20151031版向けHotfox
tp://www.mediafire.com/download/9hz.--..xou8y/MargeEffects_20151031R_patch_western_20160822Hotfix.7z

単体SAS Engine MOD 2.7向けHotfox
tp://www.mediafire.com/download/wb2dn---.ck/SAS_Engine_2.7_patch_western_20160822Hotfix.7z

あわせて、20160816版の新機能をいち早く試したいかた向け。
F-105で爆弾選択機能を有効にするパッチはこちら。
http://www.mediafire.com/download/en2cqcm1eawu21a/F-105_bomb_select_patch20160816.7z
SASでVegaさんが公開したRanwersさんのF-105を導入した後にこのパッチをあててください。
"Toggle Bomb Select Mode" で爆弾種類と投下方法を選択します。
また、そこでTrainを選んだ場合は、4.13.2mと同様に一度の投下弾数や投下間隔を以降の新機能キーで設定できます。

(配布終了) USSR Modern Vehicles pack Beta version 17th/Aug./2016

新バージョン公開につき配布終了しました。

~~~~~~~

USSR Modern Vehicles pack パブリックβバージョンをアップデート配布します。
予定していたUAZ-469などが完成していませんが、見通しが立たないのでβで配布することにしました。かわりにStockのGAZ-67あたりを組み合わせてください。chief.iniに用意したcolumnにもGAZ-67を使用しました。

20150309UralTwitterHeader2.jpg

20150524AllUralTrucks.jpg

20151225ZSU_BRDM.jpg


DOWNLOAD:
ttp://www.mediafire.com/download/d.....nf3do7w/SovietModernVehicles_20160817.7z

4.12.2m + SAS Engine MOD 2.7 + western patch latestが推奨導入環境です。
その他の4.09mから4.13mまで、機能等が一部限定されるもののほぼ全車両が使用可能なはず。

SAS Engine MOD 2.7 + western patchを導入してないと

Artillery: Value of [BM21_1rock]: (20300.0) is out of range (6.0;12000.0)
Can't set property
java.lang.RuntimeException: Can't set property
at com.maddox.il2.objects.vehicles.artillery.ArtilleryGeneric$SPAWN.getF(ArtilleryGeneric.java:129)

というエラーが記録されてBM-21-1が使えない場合があります。
このときはtechnics.iniの次の部分の値を修正してください。

[BM21_1rock]
Description BM-21-1 40x 122mm Multi Rocket Luancher, based on URAL-4320.
......
// Weapon
Gun CannonRocketSimple9M22U
NumShells 240
AttackMaxDistance 20300.0
AttackMaxRadius 20300.0


のAttackMaxDistanceとAttackMaxRadiusを11900.0に減らし

AttackMaxDistance 11900.0
AttackMaxRadius 11900.0

とする。


収録内容
・BRDM-2 (14.5mm KPVT機関銃)、BRDM-2U (非武装指揮通信車)
・ZSU-57-2 (2x 57mm自走対空機関砲)
・ZSU-23-4 (4x 23mm自走対空機関砲)
・Ural-4320トラック18車種
・Ural-4320に牽引される新トレーラー5車種

USSR ZU-23-2 AAA and GAZ-66 truck, BM-21V V2.2パック
http://il2itaki.blog135.fc2.com/blog-entry-2962.html
及び
USSR BTR-152/BTR-40 APC, ZPU-4/2 AAA v2.1パック
http://il2itaki.blog135.fc2.com/blog-entry-2682.html
USSR T-55A MBT MOD by melissa v2.2
http://il2itaki.blog135.fc2.com/blog-entry-2961.html
のすべて(もしリリースがあれば、より新しいバージョン)が必要です。

Ural-4320は、シャーシの長短、ボンネットの長短(中に収められてるエンジンがV8かV6か)、シングルキャブ・ダブルキャブなどを作り分け、民生塗装や消防車も増やしてあります。
トレーラーは通信設備・司令部設備・SAMサイト用のディーゼル発電車と配電車(SAMサイト用オブジェクトは将来作ります)などとなっています。
多連装ロケットランチャーのBM-21-1は、ロケット弾を発射する専用のArtilleryオブジェクトと、自走するVehicleオブジェクトに分かれています。


version 17th/Aug./2016では、国連白塗装のBRDM-2を追加しました。
またColumnとして、GAZ-66やT-55Aを用いた国連の物資輸送隊と水輸送隊の車列を追加。既存のSoviet modern columnにもGAZ-66 V2.2で追加されたmedic塗装のKUNG Vanを挿入する等の変更を加えました。
20160816UN_water_c.jpg
プロフィール

western0221

Author:western0221
2010年7月30日にIL-2 1946を始めました。
好きなアニメは「ダーリン・イン・ザ・フランキス」「刀使ノ巫女」「多田くんは恋をしない」「グランクレスト戦記」「ひそねとまそたん」「フルメタル・パニック! IV」「Lostrage conflated WIXOSS」「SAO ガンゲイル・オンライン」「BEATLESS」「ゲゲゲの鬼太郎」「CCさくら CC編」「ブラッククローバー」「ラストピリオド」「ニル・アドミラルの天秤」。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問数
Twitter