艦これアニメ11話がまた良かった

艦これアニメ11話、1回目見てうぉぉぉぉぉぉと大変に高まり、日をおいてクールダウンしてからもう1回見て、再びうぉぉぉぉぉぉぉと高まりまくりました。
ほんっとうにいいですね。

これまではおおむね、シリアス回においては「主人公 吹雪」として話が作られてきてたわけですが、この11話においてはほぼ「主人公 赤城」の構成になってました。
ここで赤城に感情移入しまくってしまってですねぇ。
繰り返し見る悪夢から何かを変えねばならないとさいなまれ、いざ臨んだ戦場での予定通りにコトが運ばない中、計画書に記載されていなかった事態が判明してのギリギリで求められる判断、その結果が誤っていた(そして悪夢をなぞるかのような災難)を誰が責められましょうか。
そうして赤城におもいっきり感情移入して見ているけども同時に、史実の展開も知ってるわけだから、吹雪・金剛を分けたりとかなんとかのたびに「それはだめええええええええ」ともなるわけで、もうそこの緊張感というか、すさまじかったです。

あぁ、でも利根ちゃんは反省な。

なんでこの11話の評判が悪いのかよくわかんない。
こんなに作りこまれて出来がいいのに。
たぶん、私はこんなふうに赤城に、登場キャラに感情移入して自分のこととしてドラマを体感したから、そういう強い響き合いを持ったわけですけど。
いいと思わなかった方々っていうのは、自分の体験としてではなく、客観視しちゃってるんですかねぇ。
この回、というか艦これの過去のシリアス回は概ね、それじゃあおもしろくないでしょう。
艦これという、艦娘たちを手駒として采配する提督ゲームを原作に持つものだけに、そういう見方をするものだと考えられてしまうのも仕方ないのかもしれないですけど。あるいはそうではなく、美少女動物園的な、ぼへーっと第三者として眺めて艦娘たちのかわいさに、にまにまするというような楽しみ方をしたかった人もいるのかなぁ(ご注文はうさぎですか?なんかはこういう見方になるアニメでしたよねー)。
一般の人間では体験できないような強烈な体験を、アニメキャラクターに作中でかわりに体験してもらい、そこに視聴者が感情移入して自分がその作中の場に居るかのように楽しむ、というのは、わりと古典的で王道な、アニメの作り方であり楽しみ方であると思います。
この艦これのアニメ化は、監督であり脚本でありプロデューサーでありといった主要スタッフが、まさにその王道の古典的作り方でもって、吹雪や睦月、夕立、そして赤城といった艦娘たちの成長・友情・苦悩といったところを感情移入して体験できるよう、ものすごく力を入れて作ってくれてます。
3話・11話を担当した脚本の吉野弘幸さん、こう追い込んで追い込んで心のせめぎあうシーンを描くのが本当にうまい。ただ見てるだけなのに、登場人物にどんどん心が奪われて、自分が強いストレスに直面しているかのようにどっきどきしました。
もちろんその吉野さんをコントロールした、シリーズ構成の花田十輝さんと草川啓造監督もたいしたものですし、脚本の意図をくんで映像化するキモになる絵コンテ・演出を担当した演出家の方々もすばらしいです。そして最終的に絵に落としこむ原画・動画のアニメーターの方々も。

前回も書いたように、私はアニメ化決まったときに「私が見たい艦これアニメはこんなの!」っていうのはまったくなかったんです。
どんなの来てもなんか違うなーになるんだろうって具合に、醒めてた。
それが、草川監督と決まり、しかもディオメディア、いいんじゃない?って思って、そして実際に始まってみたら、草川監督だったらと予想してた内容ズバリでありながら、クオリティはその上で行ってくれたわけで、自分が想像想定できなかった、こんなアニメ化があったんだ、すごい!ってもう、やっぱりプロフェッショナルは違う……と感心することしかできません。
このスタッフ・制作体制でアニメ化されて、本当によかったです。
スポンサーサイト

艦これアニメ10話、超良かった!大好き!

艦これアニメ10話見ました。
すっごく良かった!
この10話のストーリーに感動した後だと、あのクソに思えた9話もこの10話を描くために欠くことのできない布石回として絶対に必要だったんだということが分かり、なーんだっていうか、そっかそっかなるほどーってなって、10話を知らずにいきなり見た9話の評価が最低になるのは仕方ないけど、次に10話を見るとぐぐっと評価が回復しました。
それがアニメのシリーズ構成ってものですよね。

私は以前から複数回書いてきたように、アニメ艦これには、主人公吹雪が頑張って頑張って実力をつけて夢を叶えることに近づいていく、女子スポ根アニメの類型としてのストーリーを期待してきました。
そして今回の10話、そういったスポ根アニメとして、とても良かった。
そしてそれは、1話・2話・3話・5話・7話・9話とこれまで吹雪が歩んできた各話があって、その延長線上としての自然で説得力のある10話だった。
ありきたりといえばありきたりな面はあれど、それはむしろ王道として讃えられるものだと思う。

9話で吹雪は、私はこれまでいったい何のためにってくじけそうになるわけですが、提督の遺言wによって、新たな目標を与えられ、よしもっかい頑張るぞって立ち直り、以前以上に努力を重ねようとする。
そして頑張りすぎて暴走するわけだけど、それを諌め・あるいは支える存在の友人睦月がまたいい。
3話で如月がボカチンしたときは、なんの意味もなくお涙頂戴かと言われたもので、私もそうだよなーと同調したものでしたが。
ここ10話に来てそれが睦月の言動への強い説得力となってきていて、おぉ如月は意味のある沈み方をしたんだなと。姉妹艦如月の喪失があればこそ、10話で睦月は吹雪に対し、もう友達を亡くすのは嫌だと泣きじゃくることの重みがあり、それを聞かされた吹雪も反省もするし「絶対に沈まない」という決意も生まれたわけで。
そうして、吹雪無茶しすぎって心配してた睦月も、吹雪を止めるだけじゃなくて、吹雪の努力は努力として認めて赤城加賀との防空演習を行う吹雪に対して「頑張っていきまっしょーーーー」と声を張る、いいよねぇ。

そういうふうに、吹雪が自分で、友人の睦月や夕立に支えられたりはたまたライバル心をかきたてられたりしつつ成長していく物語を書いていくためには、提督はこれは画面に出せないですよ。
今回吹雪から語られた、1話ラストで落ち込んだ吹雪に提督が声をかけて夢wの話をしたというスタート地点の加速要素としてはもちろん必要でしたが。仮に以降で提督を出ししゃべらせ吹雪と直接交わらせさせると、それはもう吹雪は提督に認められたくて提督のために頑張る話にしかならなくて、低俗というか、個人の欲にのみ帰結してしまって、スポ根としてのピュアな話にはならないです。
あくまでも艦これアニメで描くのは吹雪主人公のスポ根である、という第一目標のためには、提督は存在を隠すし行方不明にだってさせる、ものすごく割り切ってるというか、何が大事で何は大事じゃないか、短いたった1クールのアニメに入れられる要素をシビアに検討して取捨選択しています。
とはいえ、吹雪に提督が語った夢というのが、まぁキモいんですけど、それはそれで我々ゲームに提督として着任してるプレイヤーからすると急に親近感が湧いたというかほわわ~って和めて、それはそれでアリ!
これまで各話で意味不明の獣道だと思っていたものが、ここ10話にたどり着いて以前の話を振り返ると、あぁあれは一直線のここへの最短・最良ルートだったんだっていうのが見て分かる。
吹雪主人公のシリアス一辺倒だと息も詰まるし、人気のある金剛型四姉妹や第六駆逐隊を描く話もそれは欲しいからの4話6話で、それはそれでまぁ息抜きというかでいいんじゃないの。8話はもうちょっと何か描き方あった気もするけど。

シリーズ構成の花田十輝さん、おそらく最終話から1話ずつ逆算してシリーズ構成してますね。
あと2-3話でどうなるかは、もちろん10話の今は全然分かりませんけど。
こと10話から前の話を振り返ると、吹雪に関わるすべてのイベントが、この10話でここへ帰結するために全部計算されて各話に配置されてたんだっていうのがすごくよく分かる。
如月の喪失もですし、第五遊撃部隊として一見わけのわからん(が、実戦に出すと実はなかなかバランス良く強い)編成に加えられてすったもんだで旗艦になったというのも、第五遊撃部隊の一員同士として加賀は吹雪を近くで見て評価する機会があって、それを含んで10話で赤城の随伴艦になるのを認めるか否かというところで、単に「好き好き赤城さんの近くに若造の駆逐が近づくのは許さん」というワガママなんかではなくて、「あなたの実力はよーく知ってるけど、それでもまだ無理だと思う」という発言になる、これは重いです。

私はもともと、テレビアニメ化発表になったときあるいはその前に「艦これがアニメになるならこんなアニメが見たい」という希望のようなものは皆無でした。ゲームにあまりにストーリー性がなさすぎて、これアニメにするの無理じゃないのーって思ってたぐらい。
ですがスタッフ発表になり、ディオメディアで監督が草川啓造と知ってから、「なるほど!艦これキャラでロウきゅーぶ!やるわけだな」と腑に落ちて、『それは見たいぞ!とっても見たい!!』となりました。
それはなんていうか後付の期待っていうかですね。
自分に見たい艦これアニメがあるのとは違って、草川監督版艦これアニメを見たいってなった、えーと分かりますかね……?
そして、実際に放映されている今のこの艦これアニメ、本当に草川監督に期待してたものがズバっと出てきてて、しかも超絶クオリティ高いし、もう感無量です。


それはそれとしてですね。
提督wが「吹雪に改になってもらうことはMI作戦に絶対に必要」と長門に言っていたのは、ゲームで行われたデザインと考え合わせると、実は夢に出てきたからなだけではなく戦力としての冷徹な評価も含まれてますよね。
アニメ作中ではみんな「改」って言ってますけど、ゲームシステムに合わせるとおおむね「改II」ですよね。
夕立については「改II」って言わせてましたが、10話で改装後の吹雪の装備は「改」なだけではなく「改II」のもの。
ここが大事なところで、アニメ鎮守府に摩耶は出てきてませんから(仮に居たとしても摩耶も改IIになんなきゃいけないんですが)、秋月が配備されてないこの鎮守府、高射装置持ちが居ないんですよ。1隻も。
空母に随伴して、空母決戦が予想されるMIで防空担当をできるのは、「改II」になり高射装置を持った吹雪ただ1隻、ということになります。
これは絶対、「改II」になってもらわないと困るし、赤城の随伴艦になってもらいたいとなります。
次回MI作戦で、吹雪が急降下爆撃してきた敵機に対し対空カットインを発動させるような描写があったら、もう感涙しますね、私は。

艦これアニメ8-9話感想

8話と9話の感想です。

twitterながめてると、他の人が艦これアニメ見て気に入ったか気に入らなかったかなどがだいたい分かるのですが。
私の見方はわりとズレてるみたいで、他の人の感想と一致しない回もこれまであったのですね。
不評だった3話や7話もかなり好きでした。
3話がなければ、吹雪の実戦を伴う成長も、第五遊撃部隊を旗艦としてまとめあげる実力も、説得力を持たない。
7話も7話で、あのヒリヒリとして緊張感がたまらなかった。

が、逆に8話、水着回としてわりかし好評だったように見えるんですが、私はどーもダメでした。
まったくおもしろくないし。
まぁ水着の描写は頑張ってたと思うんですけど。
わざわざ監督の草川さんが絵コンテ書くぐらい力入った回だったはずなのに、なーんか盛り上がりもなければなで。
敵の艦載機が飛んでたら、それ落とせば終わりじゃないんです。
母艦をなんとしてでも見つけ出して沈めないと。
そのあたりがあまりにも分かってなさすぎに見えて、あぁ……
この時点でワーストが8話。

が、まさか9話がその上(いや下か?)を行くとはねぇ……
9話の何がダメだったか説明するのもめんどくさい。
トラックから鎮守府に一部の艦娘を戻すにしても、戻るの全員まとめて行動させなさいよ。
吹雪・最上・睦月じゃ敵空母に遭遇したら手も足も出ないし。
しかも、あとから蒼龍と飛龍も向かわせるだって?
そんなの、7話で分派した翔鶴・瑞鶴の二の舞いでしょう……それともそっちにはそっちで護衛の駆逐艦つけるつもりはあったんですかねぇ……でもそういう通達は一切されてないんだよねぇ劇中で……
っていうか戦力のバランスと、何にでも柔軟に対応できる能力の幅広さでは、第五遊撃部隊をそのまんま差し戻させるのが最適なんだよねぇ……
あの第五遊撃部隊、なにげにすんごい強いよ。

7話までは、真面目回もギャグ回も、両方をつながりとしてみるとぉぃぉぃってところはありはしても、単独のエピソードとしてみるとなかなか見どころ・聞きどころがあって楽しかったりで良かったのに。
もう8話以降、こっから持ち直す気がしないです。

艦これアニメ4話感想

ちょっと頭の中でまとまらなくて感想書くのに時間かかった。
4話の感想です。

この4話は評判がずいぶんと荒れた感じでしたが。
私はもう大っ好き!
これもまた、「こういうの見たかったんだ!」という艦これのアニメでした。
もうね、5回か6回は爆笑しましたよ。
金剛型が提督執務室に登場してから自己紹介ボイスからぜかまし呼びから冷静な大淀さんからいろいろあって、おい鳳翔さんそこで出てくるのかいっ!から(クレジットに声の記載あったけどセリフあったっけ、聞き取れなかった)、手袋投げつける陽炎にも笑ったし、那珂ちゃんの挑戦に対し霧島さんが前に出た時は「まさか、ここでアレ行くのか、来るぞ来るぞ来るぞ……」→「マイクチェックワンツー」もうこの、来るぞ来るぞと確信してそれがたしかに来た時の笑いったらないですね。
あと罠にやっぱり引っかかる比叡っていうか、そこでひえ~~消費かよっ!

一方で、戦闘シーンもまたよかった。
連装砲ちゃんを連れての島風の戦闘はすごく強そうで、島風というスペシャルな駆逐艦っぷりがぞんぶんに描写されてたと思うし。
吹雪が一発で魚雷ぶちあてたのもかっこよかった。
そして金剛の素手で主砲弾をはたき落とす!
「キターーーーっ!『かばう』発動だぁぁぁぁぁぁ!」ってめーーっちゃ高まりました。
まぁなぜか旗艦が随伴艦をかばってましたけど。
こまけぇこたぁいいんだよ。
金剛型の35.6cm連装砲艤装が、ぎりぎりぎりと旋回俯仰して照準を合わせる3Dモデルの動きも、うむうむって感じ。

かといって、戻ってからの波止場での睦月と吹雪。
さっきまでバカやってたのにいきなりシリアスやられても感動なんかできるわけないっていうのも、それもそれで分かるんですけど。
私は「それはそれ、これはこれ」で、このシーンはこのシーンでしっかりじぃんとさせていただきました。
すごくいいシーン。

まーそんなわけで。
受け付けないって人が多数出るのも分からなくはないんですけど。
私はもんのすごく評価高かったです、この4話。
超楽しい。
全体のクオリティでは2話のほうが上かなとは思いますけど、とくかく爆笑しまくったのは今回ですから。
んで、3話も3話で別に悪くなかったと思うんですよ。ああいうのも見れてよかったと思ってるので。
あれの次の回がこの4話でバカ騒ぎっていうのも批判される理由ですが、私は気になりませんしね。
次回は加賀さんと五航戦でまたコメディな方向で行くのが期待できそうで、とっても楽しみです。

艦これアニメ2話感想少しだけ

先週放映の艦これアニメ2話感想を箇条書きで。

この2話、ものっすごく好きです。
もう私が、制作ディオメディア・監督草川啓造でアニメになる、主人公が吹雪と聞いた時に、この陣容ならこういうアニメが作られるに違いない、と予想してかつ「これはものすごく期待できる」と思った、まさにその期待通りのものができてきました。
草川啓造といえば、リリカルなのはA'sとStrikerSの監督でもありますが、私にとってはロウきゅーぶ!監督なんですよ。
あれはすごくよかった、小学生の女の子たちが目標を持っていっぱい努力して報われるという、そんでもって女の子たちがみんなかわいらしいしー、理想的な女子スポ根アニメ。
そういうものが艦これで来て欲しい、そう願っていたまさにズビシだったのがこの2話です。

さらに、吹雪&同室の睦月・夕立がまたこれがかわいい。
宿題忘れて汗だらだらの夕立とか、川内型にかけあいにいく睦月とか、吹雪は間宮でぐだってみかんもらってもしゃってるとこもよければドックに入ったところもよかったし、あとスクワットしたりしてるところの手書きパートで、頭の左右のもみあげがふりふり揺れてるのがまたこれがアニメならではの表現ですっごいかわいいわぁ~ってなりました。

足柄さんは、如月のうわさ話が批判されてましたが、私は全然気にならないなぁ。本質じゃないし。
あの種田梨沙さんのイケメンボイスで怖いお姉さん教師がすっごくよく演じられてて、作画も気合入ってたし、妙高型ファンとしては文句なしです。

OPもEDもどちらも、歌もフィルムもとてもいいですね。
OPで島風が魚雷発射するシーン、コミカルで笑っちゃうんですけど、なるほど島風(と雪風などの発射管背負ってる陽炎型は全員かな)が魚雷発車するときはこういうポーズになるのかって納得できました。
EDの歌は、何度か聞いてるといいかなって思えもしてきましたけど、最初はなんかいかにもボカロ作曲作詞者が書いたようなこう人が歌って映えるのではない作り方だなぁとそこはちょっと気に懸かりはしましたが。慣れるとべつに悪くはない感じにもなるので結局はいいってことかな、うん。

島風といえば、もう慣れてたはずなのに、教室に入ってきて側面から背面が見えるとあの超ヒモパンの痴女っぷりにはいまさらでも笑わずにはいられませんでした。

吹雪と同じ水雷戦隊になった川内型3隻では、私は艦これ始めたすぐから那珂ちゃんの大ファンで、twitterアイコンも那珂ちゃんで固定してるぐらいなんですが、アニメで川内いいなぁって思わされました。
こう、かっこいいというか、ゲームではいまいち伝わってこなかった魅力がやっと分かった感じ!
ゲームの方では、序盤で第三艦隊を開放して遠征収入を劇的に増やすキーになる最後の1隻としてなっかなか出てきてくれなくて、拾おうと無駄に1-1をぐるぐるぐるぐる回りまくったトラウマのせいで(本人悪くないのに)苦手意識があったのです。とっとと2-2とか行ってたほうがたぶん出てきてたと思う、あれは。
佐倉綾音さん、隻数が多くて大変だと思うけど、できるだけの演じ分けをされてて、そこもポイント高い。

訓練教官として利根・筑摩も出てきてました。
ゲームのbobデザインでは、この2隻の頭身が大きく違ってて筑摩すごく身長あって利根は無くて真横に並べると利根がちんちくりんに見えることが二次創作でよくいじられてるとこですが。私はそのいじりあんま好きではなくて、でも利根ちゃんがちっちゃいのはそれはそれでかわいいポイントだとも思っていたところ。
アニメのキャラデザではほぼ同じ身長に揃えられてしまってたので、ちょっとだけ残念にも思いました。
ほんの心持ち、筑摩の額の髪のおりてるとこまで利根の身長、ぐらいの利根を小さく描いてくれたらうれしかったかもな、ぐらいのことですけども。

そんなところかな。
あ、あとEDでクレジット見ててですね、原画が3人しか名前がないのにも驚きました。
これって、時間がかかってでもお金がかかってでも、高いクオリティで仕上げてくれる腕の良いアニメーターさんを厳選して原画をしてもらった、ということですよね。
いいものを作るんだ、という決意のようなものを見ました。
ここまでしてたら、当初予定より放映が後になっても仕方ないです。
まぁそのうちgdるんでしょうけど。

そんなわけで、大変に満足した2話だったのでありました。
プロフィール

western0221

Author:western0221
2010年7月30日にIL-2 1946を始めました。
好きなアニメは「ゲーマーズ!」「ボールルームへようこそ」「NEW GAME!!」「ひなろじ」「ナイツ&マジック」「天使の3P!」「アイカツスターズ!」「メイドインアビス」「恋と嘘」「サクラクエスト」「プリンセス・プリンシパル」「アクションヒロイン チアフルーツ」「戦姫絶唱シンフォギアAxZ」「徒然チルドレン」「バトルガール ハイスクール」。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問数
Twitter