明日6月15日「彼女、お借りします」(宮島礼吏)の5巻発売予定、あと4巻の感想とか

ここ1年弱、個人的に推してってる週刊少年マガジン連載のラブコメの1つ、「彼女、お借りします」(宮島礼吏)の5巻が明日6月15日に発売予定となっています。
Amazon Kindleやその他電書では0時すぎてちょっとしたらもう買えるんじゃないかと思います。
私は週末に書店で買ってくる予定なのでもうちょっとかかりますけども。

1-2巻のときの紹介と感想がこれで
http://il2itaki.blog135.fc2.com/blog-entry-3368.html
3巻のときの紹介がこれ
http://il2itaki.blog135.fc2.com/blog-entry-3407.html

マガジン公式作品サイトはこちら
http://www.shonenmagazine.com/smaga/kanokari

4巻は4月17日に出ててもちろんすぐ買って読んだのですが、紹介や感想をblogに書いてませんでしたので、今日まとめてちょろっと書きます。
引き続き電子版のマガジンを毎週水曜になってすぐKindleで買ってリアルタイムで連載追いかけてるので、5巻に収録されるであろう話もさらにその先も、読んで押さえてあるわけですけども…… 本誌のほうは先週今週の展開にドッキドキ。

20180615彼女5_4表紙
(向かって左が新刊の5、右が既刊4の表紙)

4巻は、るかちゃん大暴れ第一弾だったわけですが。
私はもちろん最初から水原推しだったので、(本誌連載読んでて)水原がせっかくくだけてきつつあったのに邪魔すんなよもーーーーってなっての、むぐぐ、こういうバックボーンのある娘だったのか、むぅ~~~~憎めんなあ、ってなったところでの、クリスマスエピソードでのおおぉぉぉ水原これぇ……ってなっての、すごく毎週マガジン読むのが楽しくなってたあたりでした。

そして、おいおいるかちゃんあなた高校生でしょ、マズイでしょーーって引きでの5巻へ。
ネタバレせずに5巻収録予定エピソードの話をするのも難しいですが。
るかちゃんに、読者の立場でもなかなか心を揺さぶられる毎週だったのです。
4巻までを楽しめた既刊読者には5巻も引き続き楽しめること間違いなし。
そして、るかちゃんが出張ってきてるのにほだされたりで私も若干るかちゃんにも惹かれていっちゃうんだけど、5巻の後半に収録される予定のエピソードでは私が推してる水原もしっかりしっかり魅力を示していて、また水原に引き戻されたりで。
るかちゃんが、お騒がせキャラなんだけど憎めない上にかわいさで極上の存在だから、たまんないですね。毎週読んでて主人公に立場や感情を重ねてしまいます。

この作品との出会えてほんとに良かったと思いますし。
ある程度、作者の構想通りのエピソードをマガジン本誌に連載完了できるといいのになぁーって願うばかりです。
スポンサーサイト

明日6月7日、4コマコミック「ちんまり経理のヒメ先輩」(kera)と「渚は太陽をひとりじめ」(山東ユカ)の1巻が発売です

twitterのほうのプロフィールに書いてあったりしますが、私はよく深夜アニメ化されているきらら系列【ではない】ほうの芳文社の4コマ雑誌、まんがタイム本誌系の「まんがタイムスペシャル」「まんがタイムオリジナル」「まんがホーム」を5年以上前から定期購読していまして。
その中で1年ほど前に新連載開始となり、明日6月7日にやっとコミック1巻が発売になるタイトル2つを知って欲しいなと思って、紹介します。
連載誌は両タイトルともに「まんがタイムスペシャル」ですね。毎月22日頃に発売の中綴じ月刊4コマ雑誌。
20180606ヒメ先輩・渚太陽表紙s

どちらも芳文社まんがタイムwebで第1話や第1~2話の試し読みできるので、始まりがどんなかはそちら読んでいただいた方が早いかなと思いますが、いちおうそのほかに推しポイントなどをネタバレにならない範囲で。


「ちんまり経理のヒメ先輩」(kera)
http://manga-time.com/comics/cb/kera/c_01.html

こんな先輩にやさしく教わりたい!!
「脱・無職!」と放り込まれた親戚の工務店。
待っていたのは、中学一年生の経理!?
一緒に暮らしながら仕事をすることになったけど……?


30歳手前の無職男(就職経験はあり)が住み込みで働くことになった町の建具屋さんを切り盛りしていたのは12歳の1人娘だった……という、まんがタイム系ではちょいちょいある男女関係。ショートテレビアニメ化されたことのある「大家さんは思春期」なんかもこんな感じですね。
ヒメちゃんがカワイイ、これに尽きる。
過度にフィクション化された男嫌いだとか、スーパーウーマンだとかということは全然なくて、普通にそのあたりの自営の家に居そうな(これも決して過度ではない)素朴な女の子として描かれているのに好感を持ちました。柔らかな絵のタッチも好みです。
ヒメちゃんと主人公の関係性などを序盤ストーリー少し多めに読まないと掴みづらいからか、試し読みが2話分用意されています。


「渚は太陽をひとりじめ」(山東ユカ)
http://manga-time.com/comics/cb/s_u/c_02.html

グッズ厨の彼女に夢中!!
太陽はSE。見た目が怖くぼっちでいることが多い。
そんな彼が片思い中なのは高校の同級生の渚。
彼女は好きな作品のグッズに夢中。
オタを自認する彼女は太陽が自分を好きになるわけないと思い、
太陽は嫌われたくないので告白できない。
そんな二人が繰り広げるラブコメ4コマ第1巻。


こちらも本誌系列のスペシャルに掲載されているだけあって普通に男女のラブコメ4コマでありますが。ヒロインの渚がもうコッテコテの女2次元オタでしてぇ…… 劇中のヲタ活描写にはぐはぁグッサと刺さること多し。
でも、ラノベなどにありがちなヲタ男が一般美人に惚れられるというような設定と違って、ヲタ子と一般男子のお付き合いなので、逆にそこは客観視できるところもあって、私はあまりプレッシャーを感じずに笑って読めるポイントとなりました。


ここ1年ほど続いている新作の中でも気に入ってる2タイトルのコミック1巻なので、このblogの読者でラブコメ好きな方、試し読みで気に入ったら買ってもらえるとうれしいなぁーーと思います。
ヒメ先輩は電子版も同日に配信予定(Amazon KindleとBookWalkerで確認:『ちんまり経理のヒメ先輩 1巻』)なので今から紙はちょっとな……って方は電子でどぞどぞ。渚のほうも電子版の予定はあるようですがBookWalkerで6月25日予定になっていて(『渚は太陽をひとりじめ 1巻』)Kindleにはまだ出てこないし、なんで同じレーベルの同じ掲載誌で差があるのかな?などと不思議ではあります。
私は紙で買うつもりです。雑誌で全話読んではいますが、読んで半年ほどしたら捨ててるので、ま、紙でも持っときたいな、と。

本日2月16日、レンカノ3巻とKoI3巻が同時発売です

私のほーは流通の都合などでまだ書店に入ってきてないので買ってませんが……(あと懐事情とかなんとかで来月に繰り下げようか考え中でもあったり)
基準発売日では本日2月16日、週刊少年マガジン連載「彼女、お借りします」3巻、週刊少年サンデー連載「キング・オブ・アイドル」3巻、同時発売となっております。
20180216レンカノ3・KoI3

http://www.shonenmagazine.com/smaga/kanokari
http://websunday.net/rensai/koi/

「キング・オブ・アイドル」は連載追っかけてないので、単行本買うまでどんな内容か分かりませんけども(感想をblogに書いてはいませんが前に買った2巻はちゃんと読んで終わってます)。
「彼女、お借りします」は毎週の連載を追いかけてるので、3巻のラストがどのエピソードまで収録されているのか確信はなくとも、だいたいどの話が入ってるであろうかは買う前から知ってます。ページ数としては23話か24話あたりまで3巻に入りそうなのかな?

で、確実に入ってるであろう21話なんかもいいんですが。
なにより2巻のときに「ぐはー、ここ2巻に入らなかったのかー、これがいいし、これこそが私が推すことに決めたエピソードだったのに~~」ってなったのが15話-16話の2連荘!
ここにたどり着かずにツマンナイって切った、ラブコメ愛好家がいたとしたらすっごいもったいないと思う。
いやまあ16話は16話でものすごーーーく批判も生みかねない描写ではあると思うんですけど。20歳男子の生理としては普通にありうることだと思うしなあ……自分に照らして考えても。
とにかく、私はこの2話分で、2巻に入ってた14話までの展開も、これから後、最新だと30話だったかな(この今週号の話もまた嫌う人は嫌悪しそうな内容だし、私ですらアッブナイなぁ~~~~って心配してたりはするんですけどぉ)までの展開も、まるーーっと引っくるめて「説得力ある!!!」って自分で100%の納得ができた、その根拠になった話でして。
連載おさえて無くてコミックスで2巻までは読んでみたけど、もういっかーって思ってた方も、ぜひ3巻までは読んでみてはと。3巻でやっぱりダメだってなったらもう無理だとは思いますのでそのときはご縁がありませんでした、ではあります。

レンカノのほうは紙と同時で電子発売になってますね、AmazonでもBook WalkerでもeBook Japanでも売ってるの確認しました。
KoIは1週間遅らせるみたいです(今時点で発売してるサイトは無し、小学館直営のとこで2/23と予告、他がそれと同時かもっと遅いかは不明)。
私は地元書店応援も兼ねてともに紙の予定です。

宮島礼吏「彼女、お借りします」1-2巻(週刊少年マガジン)の紹介と感想

前からも、アニメやライトノベルでラブコメ・ラブストーリーが大好きってことは何度も書いてきて。
だから今期アニメでは「ブレンド・S」や「Just Because!」が上位に来てたりするわけなのですが。

そんな私が今、週刊連載マンガで特にハマってるラブコメ作品がこちら。
(月刊連載や4コマだと、政宗くんとか恋愛ラボとか可愛い上司とか、他にもハマってるのあるんですけど)
少年マガジン連載の宮島礼吏「彼女、お借りします」、今月コミック2巻が発売になりました。
20171228彼女1表紙20171228彼女2表紙

講談社の公式作品サイトはこちら、試し読みもあります。
http://www.shonenmagazine.com/smaga/kanokari

いっちばん最初にお断りしておくと。
私はハマってるんですが、一般には賛否両論な感じみたいです、このマンガ。
特に中心登場人物たちが性格クズで感情移入できないとか、大学1年生男子な主人公があまりに猿のようにシコりすぎてひどいとか、そういうところが難点な模様。私は前者は許容範囲内で、後者は自分もこのぐらいシコってたもんだわーーーってなってるぐらいでむしろ共感ポイントだったり……
んで賛のほうは、1-2巻の表紙に1人ずつ登場してるように、ヒロイン達がなかなかに絵柄がかわいくって適度にエッチだってのでして、これはもう異論なし!なようです。私も絵柄に惹かれたところは大きかったですね。

連載開始が今年2017年の7月頃の32号からだったようで(コミック1巻出るぐらいのタイミングから追いかけ始めたので最初は知らないのです、実は)。
今年の春先ぐらいでしたかねえ、【レンタル彼女】っていうサービスが都会で始まってるよってニュースで扱われたの。たぶんそれの報道をベースにして即企画して通して執筆開始してこのタイミングで掲載かなっていう、そんな感じですけども。
そのレンタル彼女を利用してみた主人公が、派遣されてきた女の子とドタバタが発生して、っていうおはなしです。

それだけ聞くと時事ネタに乗っかっただけっぽいですけど。
なんだろう、うまく説明できないんですけどそれだけじゃないというか。
むしろラブコメとしては古典な気がします。主人公とヒロインの間で育まれている関係性の成長って。
んで私は今は毎週連載を追おうとしてるので、2巻よりさらに先までストーリー知ってて、なおハマって行っているのですが。
コミックに収録されてる範囲だと、1巻はほとんど話が進んでないとも言えますね。ここはほんとに主人公といい元カノといいクズいんで、ダメな人はここまでで脱落するだろうなあ、という。
私が「これはいい!応援する!!」って決まったエピソードは2巻でもまだなくて、そのギリギリ次のところだったりするので。1巻を読めた人は2巻も読んで、来年2月に発売予定されてる3巻までなんとか頑張って欲しいところ。

今日のところは紹介メインのエントリにしたいので、読んでる前提での中身の話はあまりできないのですが。
たしかに欠点としてあげてる人も多い主人公のクズっぷりも、そこから努力しようとしたり、ちゃんと改善が見られたり、そこをヒロインがちゃんと見つけてあげて評価して、だから(ビジネス上で)付き合ってあげようとしてるってところ、すっごくいいと思います。
わりと、それぞれの心理のゆらぎにリアリティを感じるんですよ、私はね、自分に照らしても。

まあそんなわけで。
ラブコメ好きな方、合うか合わないか分かりませんけど、こういうのありますよって感じであります。


そういえば最近、講談社提供のテレビアニメの中でこの作品CMも流れることあるんですけど。
ナレーションあててる声優さんが分からない。
かなり拙い感じなので新人さんかなあって思うけども。
同じく週刊連載してる「五等分の花嫁」バージョンのCMは佐倉綾音ってすぐ分かったんですけどもねーー

今月もう、キング・オブ・アイドルの2巻が発売されるらしい

9月に1巻発売されたので読みましたーって感想を書いた、週刊少年サンデー連載「キング・オブ・アイドル」。
  → http://il2itaki.blog135.fc2.com/blog-entry-3296.html

今月もう2巻の発売が予定されているそうです。
11月17日頃。

さすが週刊連載、ペース早い。
でも最近ちょっと休載してたそうなんですけどね。

買って読みます! …が、ちょっと買ってくるの日数かかるかも?
プロフィール

western0221

Author:western0221
2010年7月30日にIL-2 1946を始めました。
好きなアニメは「ダーリン・イン・ザ・フランキス」「刀使ノ巫女」「多田くんは恋をしない」「グランクレスト戦記」「ひそねとまそたん」「フルメタル・パニック! IV」「Lostrage conflated WIXOSS」「SAO ガンゲイル・オンライン」「BEATLESS」「ゲゲゲの鬼太郎」「CCさくら CC編」「ブラッククローバー」「ラストピリオド」「ニル・アドミラルの天秤」。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問数
Twitter