岡田彰布「そら、そうよ  勝つ理由、負ける理由」感想

阪神タイガースとオリックスバファローズで監督を歴任し、タイガースはリーグ優勝に導いた岡田彰布が、バファローズ監督退任後に書き始めて2014年春に発売した「そら、そうよ  勝つ理由、負ける理由」を買って読みました。
20150628岡田彰布そらそうよ
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4800217962

私は普段、新書って全然読まなくて、文庫なりそこそこフォントが小さく行間も詰まってる本を読むことが多いため、この本を開けた時まっさきに「うわ、フォントでっか、行間ひっろ、207ページって言っても中身大してないな!」って思っちゃいました。
まあでも、あんまり本を読み慣れてない人にも向けて書かれてる(出版されてる)ものでしょうから、これはこれで正解だと思います。
実際さくさく読み終えられて、もっと内容欲しかったなあもっと書けることあったでしょって思いはしたものの、この値段ですし、適正ではあるかな。

岡田彰布は先も書いたように、セ・リーグのタイガースとパ・リーグのバファローズの両方で監督を経験していて、この本にもその2チームでの監督経験を比較しながら語っているので。両チームどちらかのファンならもちろんのこと、そうでなくても他のセのチーム、他のパのチームのファンであっても、対戦相手として岡田監督率いるチームとひいきチームが戦ったりあるいは監督談話がスポーツ新聞などで報道されたのを目にしていれば、あああのときのことかーってすぐ分かりますし、その点で12球団どこのファンであってもほほおなるほどって興味深く読める内容だと思います。
私も基本的にホークスしか応援してなく、他のパ5球団の動向はそれなり気になってスポ紙も(実質Yahoo!Baseballに集まってるやつだけですけど)チェックするけどもなぐらいで、それでも読んでてかなり分かりました。
またこの本で書かれているチームとしてのタイガースあるいはバファローズの良かった点・悪かった点を、今の応援チームの課題や現状と比較してもおもしろいと思いました。

岡田彰布の監督といえば、どうしてもバファローズ最終年である2012年のことが今となっては悪い意味で有名で。マスコミに対してヒステリックな選手批判やコーチ批判をしゃべったり、成績が低迷しているとはいえ外から見て意味がわからないコーチの一軍二軍入れ替えを行ったり、一軍投手コーチ2人が普通は1人がベンチで試合を見てピンチでマウンドに言って投手にアドバイスしもう1人はブルペンで中継ぎの準備をさせるという役割分担のところ、後半になって2人ともダメだってキレて2人ともブルペン送りにしてベンチ投手コーチの役割はバッテリーコーチにさせたとかいう話が当時多数ありまして、対戦するホークスファンから見ても「もう岡田ダメだろ、辞めた方がいい」って思ってたものでしたが。
この本を読み終わったところ、「あぁ、それはキレるなあ、分かる」って、180度考えが変わってしまいました。
この本はこの本で、岡田の一方的な見解であり考えでありが書かれているだけで、双方の言い分を照らしあわせたり第三者の証言があったりするわけではまったくないんですけども。岡田彰布以外が監督をしていたシーズンのバファローズ、コリンズ監督だったり大石監督だったり、岡田の後で今年休養した(させられた)森脇監督であったりを見てると、「うん、これ岡田が書いてること8割ぐらい合ってるだろ」って思わずにはいられないのです。
とにかくオーナーである宮内氏からなにから、オリックスバファローズという球団の体質が悪すぎる。
ぶっちゃけ、「この岡田彰布という人物に、福岡ソフトバンクホークスの監督をやってみてもらいたい。球団としてのバックアップ体制も育成体制も絶対に志向するところがマッチするはず」って思ったぐらい、監督としての岡田彰布の評価がグンと高まる本でした。

ある程度プロ野球観戦していて、ひいきチームを応援する中で監督としての采配、一軍チーム作り、二軍やドラフトなどを含めた補強育成方針などにも興味をちょっと持つようになったレベルの人は、おもしろく読める本だと思います。
かなりオススメです。
スポンサーサイト
プロフィール

western0221

Author:western0221
2010年7月30日にIL-2 1946を始めました。
好きなアニメは「ボールルームへようこそ」「ブレンド・S」「宝石の国」「このはな綺譚」「Just Because!」「魔法使いの嫁」「妹さえいればいい。」「結城友奈は勇者である2」「クジラの子らは砂上に歌う」「UQ HOLDER!」「つうかあ」「アイドルマスター sideM」「アイカツスターズ!」「タイムボカン逆襲の三悪人」「少女終末旅行」。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問数
Twitter