「ザ・ラストシップ」Season2、2話まで感想

ちょっと前に、アメリカ海軍駆逐艦:アーレイ・バーク級を舞台に実艦ロケも行ったテレビドラマ「ザ・ラストシップ」をSeason1の最終10話まで見て、最初に期待したのとはなんか違う展開だったなあって書いたとこでしたが。
http://il2itaki.blog135.fc2.com/blog-entry-2874.html

BSフジで続編のSeason2が放映開始されたので録画したら、見ないままだとやっぱりレコーダーのHDDが圧迫されてしまうもんですから、まあ見るだけ見るかってSeason2の1話を見ましたら。
あれっ、あれれっ、なんかすごくおもしろいというか。
ドキドキワクワクというか。
どーなるんだこの先ーーーー、って気になりました。
銃撃アクションや人間ドラマ、緊迫感溢れる展開に引き込まれた。
そして2話も見て、ここでドラマとして一段落つく形で。ほーってなった。

BSフジの日本語版EDとして、本編のおしりに日本で編集された吹き替えスタッフ紹介パートが追加されてて、そこに3話以降の本編からとってきたっぽい映像が使われてましたが。
F/A-18E "スーパーホーネット"や、おそらくC-130Jかなぁ?8枚スキューブレードのプロペラ輸送機(ただ地上シーンではエンジン4発かどうか確認できず……エンジン2発で8枚ブレードって何かありましたっけ?E-2Dにしてはロートドームが映ってなかったし)などの陸上海軍航空兵力も登場するようで。へぇーってなりました。

またちょっと貯めちゃうかもしれませんが。
3話以降も少し楽しみです。
スポンサーサイト

遅ればせながら「ザ・ラストシップ」Season1を最後まで見ての感想

昨年11月に、2話まで見た時点でのイントロ感想をちょろっと書いたのですけども。

月曜23時はBSフジ「ザ・ラストシップ」でA・バーク級の活躍を見る
http://il2itaki.blog135.fc2.com/blog-entry-2635.html

こちら、全10話ながらF1などの割り込みや年末年始お休みが入って、最終10話が放映されたのは今年になって1月第3週だったかなあと思います。
で、それ以前に私が第3話ぐらいまではリアルタイムで見てたものの、その次ぐらいから遅れて行き、第6話ぐらいで続き見るモチベをなくしてしまってレコーダーのHDDに録ったまま放置になってたんですけど。
放映してくれてたBSフジがこの4月中旬から続編のSeason2を放送開始するということで、続けて録画すると55分枠でテレビアニメ2話分ぐらいのレコーダーHDD容量を食っていくし、それでなくてもカツカツの毎日残0話か1話の運用をしてるのがさらにキツくなるから、とにかくSeason1を最後まで見よう!それでHDD空けよう!って心がけて。
感染力の高いウイルスで人類がどんどん死んでいくって物語ですから感染して倒れた人はぐろぐろになるわけで(もちろんただの特殊メイクなんですけど)、結構キツいなあと思いつつの、耐えて見ました。

で、見たんですけど。
アメリカのアーレイ・バーク級駆逐艦の実艦ロケしただとか、さすがアメリカのドラマだけあってリアリティの高い軍隊描写だなあと感心する面、また艦長であるチャンドラーの人間的魅力といったものはあったんですけど。
なんというかなー
単艦行動がゆえの資源欠乏や、正面切っての艦対艦戦闘をするわけでもない、そしてワクチンの開発に成功してアメリカに帰還したかと思いきや、既にウイルスの感染が広まり国としての統率が失われていたアメリカは……な救いのないぐちゃぐちゃどろどろ具合で、爽快感は少なく、いやまあドラマとしてはおもしろくないわけじゃないんだけど、うーーーーん、自分が見たかったものとは、うーーーーーん、というところで。
完全に最初からなのか、途中でウケてる商業的に成功してるってことから決定したのかは私は知らないですが、Season1の最後の2話あたりは続編としてSeason2やるよって前提での完結しない「つづく」な展開になってて、Season1の第10話を見終えた段階ではまったくもって「なるほど、納得、スッキリしたー」なところはまったく無くてもやもやしたままになるので。
そのあたりがねーーー
なんかねーーーー
えーーーー?っていうか。
コレジャナイっていうか。
よくできてると思うし、1話から3話あたりのA・バーク級の装備をフル活用した戦闘はものすごく見ごたえあったんですけど。
ああいうのこれからまだまだあるんだろうかと期待していたのに、それも中盤以降はさっぱりなく。

Season2いちおう録画してるし、既にHDDを圧迫し始めてるので見ますけど。
なんかねえ、そこまで期待っていうか、ないです。

月曜23時はBSフジ「ザ・ラストシップ」でA・バーク級の活躍を見る

この10月から、BSフジが月曜日夜の23:00~23:55で、アメリカ発のテレビドラマ「ザ・ラストシップ」第1シーズン全10話の放映を開始しました。
内容についてはBSフジの公式サイトが分かりやすいです。
2話まで放映したところでF1中継などで2週間お休みがあったので、今夜やっと第3話の放映です。
http://www.bsfuji.tv/top/pub/lastship.html

私は知っての通り、テレビアニメ視聴で毎週あっぷあっぷの生活してるので日本制作だろうが海外発だろうがテレビドラマを見ている余裕は全然ないのですが。
BSフジで9月までに放映されてたアニメを録画してると、合間にこのドラマの第1話予告編がたびたび流れました。
アメリカ海軍のイージス駆逐艦、アーレイ・バーク級がでかでかと登場し、謎のヘリコプターからミサイル攻撃を受け防空戦闘しているシーンが流れたので、結構悩んだのですが、予告に使われていたのがなかなかカッコイイ画だったし、軍事マニアとしてはこれは見ておくべきだと思って、必死にレコーダーの空きHDDを作って時間も作って、録画して視聴してます。

監督が、映画『トランスフォーマー』や『アルマゲドン』のマイケル・ベイ監督ということで。アニメから特撮方面に興味が広い方は、お名前をよく知ってるのではないでしょうか。残念ながら私はそこまでは……だったりではあったのですが。

今夜の第3話では、ロシアのキーロフ級巡洋艦によってグアンタナモ港が封鎖され、釘付けになっているA・バーク級「ネイサン・ジェームズ」がどのように脱出するかというところが見どころのようで、大変楽しみです。
「ネイサン・ジェームズ」はアメリカ海軍の協力の下、Flight IIAのDDG-97ハルゼーがロケに用いられているそうです。
第1話では5インチ砲やファランクスCIWSによる対空射撃、また第2話ではCICで精密に照準をつけての5インチ砲による対地射撃のシーンなどがありました。なかなか迫力があり、フィクションとはいえA・バーク級の軍艦としての魅力がなかなかよく描かれてると思いました。
今ならhuluで1話2話の視聴が可能なようなので、huluで追いついてBSフジで3話というのはいかがでしょうか。

ちなみに1話の防空戦闘シーンはロシアのヘリコプターから攻撃を受けているという話だったのですが、ロシアのヘリコプター役は実際にロシア軍で使われているorロシア製のものではなく見えました。ヘリコプター特に民間用は全然詳しくないので的はずれなこと言ってたら申し訳ないですが、雪原でサンプル採取していたレイチェル達を襲ってきたヘリコプターはベル社製あたりの民間機に見えました。またネイサン・ジェームズにミサイル攻撃をしてきた別の機体群は、アメリカ海兵隊などで使用されているCH-53系列の機体に見えました。
今夜のキーロフ級は実艦ロケではなくなにがしかの仮装艦が登場するのでしょうが、どのぐらい似てるか楽しみです。第2話ラストで遠目に見えた艦影は、なんだろう???ってわりと謎な形をしていました。
プロフィール

western0221

Author:western0221
2010年7月30日にIL-2 1946を始めました。
好きなアニメは「ボールルームへようこそ」「ブレンド・S」「クジラの子らは砂上に歌う」「宝石の国」「このはな綺譚」「Just Because!」「魔法使いの嫁」「UQ HOLDER!」「つうかあ」「アイドルマスター sideM」「結城友奈は勇者である2」「妹さえいればいい。」「アイカツスターズ!」「タイムボカン逆襲の三悪人」「少女終末旅行」。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問数
Twitter