配布 USSR Modern Vehicles pack Beta version 17th/Dec./2017

USSR Modern Vehicles pack パブリックβバージョンをアップデート配布します。
予定していたUAZ-469などがいまだ完成していませんが、見通しが立たないのでβで配布することにしました。かわりにStockのGAZ-67あたりを組み合わせてください。chief.iniに用意したcolumnにもGAZ-67を使用しました。

20150309UralTwitterHeader2.jpg

20150524AllUralTrucks.jpg

20151225ZSU_BRDM.jpg

20171217Ural_ISOcon_disp.jpg

DOWNLOAD:
http://www.mediafire.com/file/w4398y1m7w2j7rg/SovietModernVehicles_20171217.7z

4.12.2m + SAS Engine MOD 2.8.x western latestが推奨導入環境です。
その他の4.09mから4.13mまで、機能等が一部限定されるもののほぼ全車両が使用可能なはず。

SAS Engine MOD 2.8.x westernを導入してないと

Artillery: Value of [BM21_1rock]: (20300.0) is out of range (6.0;12000.0)
Can't set property
java.lang.RuntimeException: Can't set property
at com.maddox.il2.objects.vehicles.artillery.ArtilleryGeneric$SPAWN.getF(ArtilleryGeneric.java:129)

というエラーが記録されてBM-21-1が使えない場合があります。
このときはtechnics.iniの次の部分の値を修正してください。

[BM21_1rock]
Description BM-21-1 40x 122mm Multi Rocket Luancher, based on URAL-4320.
......
// Weapon
Gun CannonRocketSimple9M22U
NumShells 240
AttackMaxDistance 20300.0
AttackMaxRadius 20300.0


のAttackMaxDistanceとAttackMaxRadiusを11900.0に減らし

AttackMaxDistance 11900.0
AttackMaxRadius 11900.0

とする。


収録内容
・BRDM-2 (14.5mm KPVT機関銃)、BRDM-2U (非武装指揮通信車)
・ZSU-57-2 (2x 57mm自走対空機関砲)
・ZSU-23-4 (4x 23mm自走対空機関砲)
・Ural-4320トラック18車種
・Ural-4320に牽引される新トレーラー8車種

USSR ZU-23-2 AAA and GAZ-66 truck, BM-21V V2.2パック
http://il2itaki.blog135.fc2.com/blog-entry-2962.html
及び
USSR BTR-152/BTR-40 APC, ZPU-4/2 AAA v2.1パック
http://il2itaki.blog135.fc2.com/blog-entry-2682.html
USSR T-55A MBT MOD by melissa v2.2
http://il2itaki.blog135.fc2.com/blog-entry-2961.html
のすべて(もしリリースがあれば、より新しいバージョン)が必要です。

Ural-4320は、シャーシの長短、ボンネットの長短(中に収められてるエンジンがV8かV6か)、シングルキャブ・ダブルキャブなどを作り分け、民生塗装や消防車も増やしてあります。
トレーラーは通信設備・司令部設備・SAMサイト用のディーゼル発電車と配電車(SAMサイト用オブジェクトは将来作ります)などとなっています。
多連装ロケットランチャーのBM-21-1は、ロケット弾を発射する専用のArtilleryオブジェクトと、自走するVehicleオブジェクトに分かれています。


version 17th/Aug./2016では、国連白塗装のBRDM-2を追加しました。
またColumnとして、GAZ-66やT-55Aを用いた国連の物資輸送隊と水輸送隊の車列を追加。既存のSoviet modern columnにもGAZ-66 V2.2で追加されたmedic塗装のKUNG Vanを挿入する等の変更を加えました。
20160816UN_water_c.jpg

version 17th/Dec./2017では、民間ボードセミトレーラー2車種の空荷・積荷を追加しました。
UZST-9175-02B2は2軸4輪のボードセミトレーラーで、木材を積荷とします。
PPK35-31-12KBは3軸6輪のボードセミトレーラーで、カラフルな40フィートまたは20フィートのISOコンテナを積荷とします。
合わせてZSU-23-4が5%オーバースケールだったのの修正、長いセミトレーラーの表示・衝突半径が小さすぎたのの修正も行いました。

ISOコンテナ単独のStatic ObjectはSASで配布しています。
https://www.sas1946.com/main/index.php/topic,57528.0.html
スポンサーサイト

船拡張MOD ver2.21.0 for 4.12.2m 配布

船拡張MOD(Ship Extentions MOD)のversion2.21.0出します。
本体バージョン4.12.2mのみの対応です。

4.11.1mと4.10.1mについては、version2.13が最終版となります。
以前の配布エントリからダウンロードしてください。
http://il2itaki.blog135.fc2.com/blog-entry-1372.html

こちらを導入することで、エセックス級航空母艦アングルドデッキ版・クレマンソー級航空母艦をフルファンクションで導入可能となります。

4.12.2m - http://www.mediafire.com/file/ltvphb564ube5gc/ShipExtention2.21.0%284122%29.7z

本MODの動作にはSAS Engine MOD 2.7.5 westernもしくはより新しいバージョンが必須です。
https://www.sas1946.com/main/index.php/topic,52489.0.html

version2.13.2を導入されていた方は、iniファイルには一切変更ありませんので、iniファイルを書き換え直す必要はありません。
ただし、「SAM Generic」フォルダからコンフリクトを起こすファイルを消していますので、クラスファイルについては上書きではなく旧ファイルを完全削除の上で新ファイルを置いてください。

拡張機能内容
・柔軟な砲・銃パラメータ追加
・より賢い砲発砲AI
・魚雷に国タイプ別パラメータ追加(日本の酸素魚雷もあるよ!2.11でType93Mod3も追加したよ、2.12でイタリア45cm追加)
・現代的回転継続レーダー(2.00追加)
・SAM/SSM/SUMといったミサイルの発射の準備工事(2.10追加)
・煙の種類+2(2.11New!)
・沈没時に水兵が居なくなる(2.11New!)
・焼玉エンジン効果音追加(2.11New!)
・空母甲板のJet Blast Deflector対応準備済(2.20New!)
・船が沈没判定となったとき海中に沈んでいく所要時間をユーザーが任意に長短指定(2.20.2New!)
・船1種類ずつの個々に、嵐の中の安定度をships.ini内にユーザーが指定可(2.20.3New!)
・特別に3DとJavaクラスファイルが用意された空母に対して、
・ミラーランディング支援装置やIFLOLSといった光学着艦支援設備の機能を提供(2.20.4New!)
・スタートアップ時のエラーログを短縮選択可、要Engine MOD 2.7.5w(2.21New!)

アップデート
・4.11.1mの新機能「雲によって高角砲の視界が遮られる」を導入(2.13New!)
・4.12.2mの新機能「高角砲に撃たれると敵飛行機が回避行動をとる」を導入(2.13.2New!)
・なお、Stock 4.12.2mから存在した、空母が沈むとエラーが発生して一時的にfpsが低下するバグも修正してあります。(2.20.4)


仕様
・ミサイル発射機能がマルチプレイに対応してないかもしれない(未確認)。結果報告ください。

ships.iniを大量に書き換えるので結構大変ですが(主に陽炎級の水増しのせいでさぁ)、頑張ってください。
書き換えが完了すると、日本の陽炎級全艦と秋月が61cm酸素魚雷93式を撃つようになります。2.11で雪風&天津風/1945は射程を短くして炸薬量を増やした三型を撃つようになります。
アメリカのフレッチャー級もMk15トルペックス版を撃つようになります。
爆発威力ではフレッチャー級のMk15トルペックスは93式一型に伍するものになっています。
ドイツ潜水艦は、電池駆動で雷跡が出なかったG7eを再現して、速度は遅いけど雷跡は出ない魚雷を撃つようになります。水上艦はG7aを撃ちます。
asheさんやgioさんのMOD船にも対応してて、gioさんのシムス級では1941はTNTのMk15撃って1943はトルペックスのMk15撃ちます。

version1.01で日本の61cm空気魚雷追加しました。
デフォ船では対応するものが無いですが、MODでgioさんの睦月型がこれを撃ちます。

version2.11で増やした煙ですが、デフォルト艦ではUSS Wickes classのUSSDentDD116とUSSWardDD139が石炭焚きの長い黒煙を流すようにしたものを同梱してます。
gioさんの峯風型の峯風・秋風の/1920~21も同じくです。
gioさんの鵜来型海防艦とイタリアGabbiano Corvetteがディーゼルの煙を吐くようにしてます。

焼玉エンジンはIJN Fish Junkがこの音がするようにships.iniを書き換えるサンプルを入れてます。

んーで、さらに追加:IJN伊58潜水艦95式酸素魚雷つき&USSガトー潜水艦Mk14トルペックスつき詰め合わせMOD
53cm酸素魚雷の95式もデータ作ったのですが、撃てる船がデフォルトにないので、デフォデータ流用で伊58を名乗らせました。
アメリカもデフォルトガトー級2隻はTNTのMk14を撃たせるようにしたので、トルペックスを撃つ潜水艦が欲しいなということでコレも流用で。
http://www.mediafire.com/?4s44435x918660u
Ship Extentions MOD必須です。

収録した魚雷のデータ。

国 形式名 炸薬種類 TNT換算爆発威力kg 速度(knot) 射程(m)
RN MkIX TNT 327 41 10000
RN MkIX Torpex 547.5 41 10000
RN MkVIII TNT 327 41 6400
RN MkVIII Torpex 547.5 41 6400
Russia 5339 TNT 317 39 8000
USS Mk14 TNT 292 46 4100
USS Mk14 Torpex 438 46 4100
USS Mk15 TNT 375 45 5500
USS Mk15 Torpex 562 45 5500
IJN 53cm Type95 Type97 480 48 9000 (No wake)
IJN 61cm Type93 Type97 576 48 20000 (No wake)
IJN 61cm Type93Mod3 Type97 970 48 15000 (No wake)
IJN 61cm TNT 390 39 8000
German G7a TNT 280 40 8000
German G7e TNT 140 30 5000 (No wake)
Italy 53M TNT 270 46 4000
Italy 45W TNT 200 44 4000

この魚雷のスペックはおかしいとか、この魚雷ふやしてくれとかあったら言ってくださいませ。




・ver2.20.3の新機能: 船1種類ずつの個々に、嵐の中の安定度をships.ini内にユーザーが指定できるようにします。

・"StabilizeFactor" の使い方
ships.iniを開き、安定度を変更したい船を検索します。
たとえばイギリス海軍の空母イラストリアスなら、[HMSIllustriousCV]から始まるエントリがそこです。
イラストリアスの初期パラメータは、[HMSIllustriousCV]に続いて以下のようになっていますが
| // Motion Parameters
| SliderDistance 567.5
| Speed 28.243 //56.486
| SoundMove models.Ship
|
| IsAirport 1
|
| // Vitals
|
| [HMSIllustriousCV:Part0]
IsAirport と // Vitals の間に、次の1行を追加します。
| StabilizeFactor 2.0
この2.0が、安定度を2倍にするように働きます。
Stockゲームでは、空母のように大型の船で悪天候下で大きく揺れすぎる傾向がありますので、
この数値をそれぞれの船に適切に追加していくことで修正可能となります。
プレイヤー側で1隻1隻に追加していってください。
このStabilizeFactor値は0.5から5.0の間で指定可能です。




・ver2.20.2の新機能: 船が沈没判定となったとき海中に沈んでいく所要時間をユーザーが任意に長短指定できるようにします。

・"SinkTimeMultipiler" の使い方
IL-2 1946がインストールされているルートフォルダにあるconf.iniをテキストエディタで開いてください。
その中に "[Mods]" というセクションが既にあればそこへ、なければ末尾に "[Mods]" セクションを書き足してください。

| [Mods]
| SinkTimeMultipiler=2.0
と記述すると、沈没所要時間は2倍に延長されます。

| [Mods]
| SinkTimeMultipiler=0.8
と記述すると、沈没所要時間は80%に短縮されます。

このSinkTimeMultipiler値は0.3から10.0の間で指定可能です。

(SAS宛リンク) 米軍M35トラック Beta出してきました

あとあとのバージョンアップ告知管理がめんどくさい(失礼)ので、SASのトピックが動くまではこれだけでいいだろうと、リンク作っときます。

SASに、アメリカ陸軍などがベトナム戦争初期ぐらいから20世紀末ごろまで使用していた2.5トン級トラック M35シリーズ パックを出してきました。
全部が揃ってないβ版ですけども。
こちらになります。

(最終更新 2017年10月10日)

http://www.sas1946.com/main/index.php/topic,54529.0.html

20171010M34M35M50shot.jpg


20170325M35trucksSummer.jpg

20170325M35trucksDesert.jpg

3Dモデル自体は2014年7月に完成してて、IL-2 1946内に登場できてたのですけども。
私自身がスキンテクスチャを用意できないので、SASで声かけて、max_thehitmanさんがテクスチャ描きを引き受けてくださいました。
ところがmaxさんがそっから多忙と、他にも作りたいスキンたくさん生まれるのコンボで、M34の緑1種ができたって送られてきたまま、それ以外のバージョンができず。テクスチャが無いから私から一般配布もできず、で、2年半うちに眠ってました。

さすがに、自分としても、ほぼできてるのに配れないのやだ!ってなったので。
M34から使いまわせる部分をM35や他にもコピペし、加工が必要なとこはドット単位でこちょこちょしたり、マスク加算乗算などで色違い用意したりして、さきほどSASに出せることになりました。
でもWinterスキンとカモフラージュスキンは、スロットやiniは用意してますが中身ないです。このへんはそれじゃちょっと作れなかった。
(v0.6以降ではmaxさん作スキンを同梱してます)


お品書き:
・M34トラック(露天貨物) 少数派初期型
・M35トラック(幌有り貨物、オープン兵員輸送) 多数派型
・M36トラック(エクストラロング、幌有り貨物) - 2017/10/10追加
・M49燃料輸送車 (M35初期型ベース車体) - 2017/10/10大幅修正
・M50水タンク車 (M35ベース車体)
・M109ショップバン (M35ベース車体) - 2017/10/10追加
・M105貨物トレーラー (Static Object、空荷・オープン貨物・幌かけ、緑のみ)
・M149 "ウォーターバッファロー" 水タンクトレーラー (Static Object、緑のみ)
・M34牽引M105(露天貨物)
・M35牽引M105(幌有り貨物)
・M50牽引M149
・M35ガントラック、4連装12.7mm機銃 "クアッドマウント" 装備
・M35ガントラック、ミニガン3方向装備
・レバノン装備 ソ連製ZU-23-2機関砲搭載M34

maxさんが描いてくださったテクスチャがM34緑だけなので。
他のコピペで合わせたり色加工で作ったやつは完成度低いです、すみません。
そのあたりもあっての、Beta v0.5ってことでなにとぞ。

その後、maxさんがタンカー用迷彩以外のテクスチャは完成させてくださったので、同梱開始しました。
あと消防車カラーの水タンク車M50はあるんですが、消防車本体はありません、すみません。
2年半前はそこまでのモデリング能力が無かった……
その後のUral-4320でそれなり消防車に見える装備積んでるトラックも作った経験あるし。実車でM35ベースのものきちんとあるので。そのうちv1.0目指して作ってもいいかなあ るつもりになりました。

Engine 2.7.1w , USMC Aviation , Yak-36 ... SASリンク集

他の方のMODをベースに改良を加えたものとか、頻繁にβアップデートを繰り返していて2箇所で配布リンクをメンテナンスをするのが大変などの理由で、SASに配布トピックを作って本blogに配布エントリを用意してないものについて、このエントリでSASトピックへリンクしておきます。

もしリンク忘れあったらコメント欄で教えてください。

・SAS Engine MOD 2.7.1 western
http://www.sas1946.com/main/index.php/topic,52489.0.html

・US Marine Aviation pack (F/A-18C/D, AV-8B+) v3.6.3 Beta
http://www.sas1946.com/main/index.php/topic,52496.0.html

・Yakovlev Yak-36 Freehand VTOL and SMF V/STOL v3.10
http://www.sas1946.com/main/index.php/topic,51007.0.html

私製パッチ SAS Engine MOD 2.7 for 4.12.2m, 20160919

Engine MOD 2.7としてのアップデート・メンテナンスは本配布をもって終了します。
残っているバグへの対処、新たに機能追加したりは一切行われません。

今後のアップデートやバグ修正は、Engine MOD 2.7.1wとして行っていきます。
Engine MOD 2.7.1wはSASのModworxコーナーに既にポスト済ですが、こちらへの転機が追いついておりません。申し訳ないです。
当面はSASからダウンロードしてください。


本エントリは2016年11月2日に投稿されましたが、配布内容は2016年9月19日にパッチonパッチとして配布したものを従来の1パッチにまとめ直しただけで内容に変更はありません。




いろいろいじくってるため、安定したバージョンに戻せるよう2つ前のStableバージョンもそのまま配布状態で残してあります。

3種類のビジュアルやサウンドのエフェクトに個別に有無対応をとってるため、2x2x2=8通りのパッチが存在することになってます。

・JapanCatさんのマージエフェクト
・Pablo(benitomuso)さんのCockpit sounds mod
・Saniさんとかが昔SASで出してたフルスロットルフレームmod
に個別対応してます。
いずれもTigar's sound 33 (UV3)には非対応。

ご自身のプレイ環境に適したもの1つを選んであててください。
バグ報告などは、どういったMOD環境にどのパッチを当てたか明記してください。

Pablo(benitomuso)さんのCockpit sounds mod対応版は、私のパッチインストールより先にPabloさんのMODのインストールを済ませてください。こちらです。
http://www.sas1946.com/main/index.php/topic,48628.0.html

いずれもSAS Common Utils必要です。



JapanCatさんから、SAS Engine MOD2.7と私製パッチ20151025バージョンをマージエフェクトと合体させたものが公開されています。
 → Marge Effects for SAS Engine MOD 2.7 v20151031R

私が希望した燃料輸送車両のエフェクト変更も含まれています。

上記のマージエフェクトに、20160919のアップデートを適用するには次のパッチを上書きしてください。

・アップデートのみ
http://www.mediafire.com/file/ps20dj9u2czc617/MargeEffects_20151031R_patch_western_20160919.7z

・Pablo's Cockpit sound modと併用
http://www.mediafire.com/file/v2ogivvcii5ez17/MargeEffects_20151031R_patch_western_20160919_PAL%27sCockpitSoundsUpdate.7z

・フルスロットルエフェクトmodと併用
http://www.mediafire.com/file/1l5bzxeqatjvb3z/MargeEffects_20151031R_patch_western_20160919_FullThrottle.7z

・Pablo's Cockpit sound mod及びフルスロットルエフェクトmodと併用
http://www.mediafire.com/file/ppb36oocntolrtq/MargeEffects_20151031R_patch_western_20160919_PAL%27sCockpitSounds_FullThrottleFlame.7z



マージエフェクトをインストールしたくない場合は以下からどうぞ。

・アップデートのみ
http://www.mediafire.com/file/wkrkh7wtdfiwiw7/SAS_Engine_2.7_patch_western_20160919.7z

・Pablo's Cockpit sound modと併用
http://www.mediafire.com/file/5d2a0ab7aa7a6yi/SAS_Engine_2.7_patch_western_20160919_PAL%27sCockpitSoundsUpdate.7z

・フルスロットルエフェクトmodと併用
http://www.mediafire.com/file/2zj402y873jxm2b/SAS_Engine_2.7_patch_western_20160919_FullThrottle.7z

・Pablo's Cockpit sound mod及びフルスロットルエフェクトmodと併用
http://www.mediafire.com/file/fbqrsnw0qipggji/SAS_Engine_2.7_patch_western_20160919_PAL%27sCockpitSounds_FullThrottleFlame.7z

・SAS Engine MOD 2.7からの修正点
 - 空母カタパルトの出力
 - 空母から発艦時のキャノピー閉じ動作
 - AIが急峻な地形で地面に激突するバグを修正
 - 20mm程度の弾丸や高射砲破片の与ダメージが無視されていたのを修正
 - 陸上の砲(Artillery)のtechnics.iniに記述できる射程を60,000mまで延伸
 - 陸上の砲(Artillery)が他の砲から打たれた時に攻撃しなくなるバグ修正
 - Open/Close Side Hatchキーのキーバインドがユーザーセッティングとして保存されないのを修正
 - 空母のカタパルトでEssex級SCB-125など強力なジェット機対応のもののパワーをミッションの年に関わらず常時Catapults.iniの記述通り作用させる
 -- 後方互換性として、conf.iniの[Mods]セクションに "CatapultReferMissionYear=1" と記入するとミッションの年が1952年以前か1945年以前かの2段階でパワーを減少させる以前通りの動作もします。
 - スチームカタパルトの蒸気エフェクトがミッションの年に関わらずCatapults.iniの記述に従って表示される
  このCapults.iniの行は水蒸気エフェクトの描画オンオフのみを行い、catapultPowerとcatapultPowerJetsで指定されるカタパルトの出力に影響を及ぼさない
  (たとえばUSS Essex CV-9であれば、登場時から朝鮮戦争頃は油圧カタパルトだったのでStock艦用エントリは"bSteamCatapult 0"が正しく、ベトナム戦争時のSCB-125近代化でアングルドデッキ姿になると同時のスチームカタパルト装備用エントリで"bSteamCatapult 1"となる)
 - フラップポジションにCombatを持たずRaised/Take-off/Landingの位置を持つものを再現可能に
 - 機体に設定されたフラップポジション数やMODジェット機で異なるフラップ角度を持つ機体(MiG 21やA-6)をAIが正しく操作するように
 - 空母カタパルト使用中にゲーム進行速度を遅くするとバグっていたのを修正
 - 重量級ジェット機にAIを乗せると地上で異常なバウンドを起こすことがあったのをリミッター設定 (2016/01/09)
 - コックピットサウンドまわりのバグ修正 (2016/01/11)
 - 空母発艦指定で空母デッキが満杯→空中スタートとなった際の折り畳み翼バグ修正 (2016/02/05)

・本パッチの過去パッチのバグ修正
 - レシプロ艦上機のAIが着艦できなくなっていたのを修正
 - バージョン20141227-20141229にあった、空気抵抗が異常に過大で速度が出ないバグを修正
 - バージョン20151225-20160205にあった、一部AI機が空母から発艦しなくなっていたバグを修正

・追加機能
 - Jet Blast Deflector対応準備済
 - F-4ファントムIIのILS/TACAN準備
 - Tu-95の巡航ミサイル準備
 - 空対地ミサイル(AGM)が橋も狙うようになります
 - BT~wastedさんのCounterMeasures MOD機能内包
 - 特定の無誘導ロケット/有線誘導ロケットで選択したロケット名がHUDに出ます(現時点でSu-25のS-13/S-25/Kh-25MR)
 - AIジェット機が高速で機銃・ロケット弾による対地攻撃を行うとき早め引き起こしで墜落を防ぐ
 - 無誘導ロケット弾の弾道が重力のせいで下降するのを低減できる追加パラメータを用意
 - F/A-18とAV-8B+ Open Beta 1.3が必要とする機能を準備
 - フラップに、F/A-18とAV-8B+ Beta2.0(公開済)で実装される仮想スイッチ化を実装
 - 30km/h以下の低速でタキシング中、ノーズギアがアクティブ操舵の機種(P-38, P-63, P-80, F-86等)の首振り角度を増す
 - 同じく低速タキシング中、総重量10,000kg以上の大型ジェット機・大重量兵装時にターンしやすくした
 - 空母からのカタパルト発艦時、アフターバーナー装備機体は十分にスロットルを開いてから発艦
 - 現代ジェット機は高速飛行中もフラップの上げ下げスピードが遅くならない
 - AGM-12やKh-25MRのアップデート用に "RemoteControlRocket" クラスを新設
 - Su 25またはUSMCパックから "TypeLaserSpotter" クラスを引き抜いてマージ、その2つをインストールせずF-16が飛ばせるように
 - 3席以上の射出座席に対応、射出座席モデルを将来容易に追加可能とする準備 (2016/01/09)
 - Smart Axis機能(2本のスロットルアナログ軸で3~4基のエンジンを操作可能)を、エンジン8基まで、アナログ軸4本に拡張 (2016/05/04)
 - 新アナログ軸として可変翼開閉を追加、V/STOL機のノズル偏向にも使用可能 (2016/05/04)
 - 新アナログ軸として車輪ブレーキの左右独立操作を追加 (2016/05/04)
 - パイロンやロケットランチャーが独自に個別の重量と空気抵抗値を持てる (2016/05/04)
 - Stock 4.13.2mの爆弾投下優先選択やSalvo/Train投下モードを取り込みました (2016/07/21)
 - さらに機体クラス側で有効化すると、複数爆弾を混載している時に種類を選択しての投下も可能となります (2016/07/21)
  "Toggle Bomb Select Mode" で爆弾種類と投下方法を選択します。
  また、そこでTrainを選んだ場合は、4.13.2mと同様に一度の投下弾数や投下間隔を以降の新機能キーで設定できます。
 - 燃料投棄(Dump Fuel)を行う際、機体からの投棄エフェクトが3箇所から行えるようにしました (2016/07/21)
 - i18nフォルダ下のcontrols.propertiesファイルとhud_log.propertiesファイルを置き換えてますので、もし別MODで置き換えが生じていたら手動でマージしてください
 - 「Stabilizers for all aircraft」MODの機能をマージしました。 (2016/08/22)
この機能は、conf.iniに次の行を追記することで有効となります。

[Mods]
Stab4all=1

このStab4all行が存在しないか、「=0」と書かれていると無効となりStock動作となります。


・SAS Common Utilsのダウンロードはこちらから
http://www.sas1946.com/main/index.php/topic,40490.0.html

・MOD間のコンフリクト注意点
 benitomusoさん配布のChock's MODとはコンフリクトしますので同時使用できません
 (将来的に2つのMODをマージしたいとは考えています)
 BT~wastedさんのCounterMeasures MODは内包されてますのでインストールしないでください。した場合コンフリクトします。

・動作しない場合の確認事項
 上記2つのコンフリクトを起こすMODを入れてないですか?
 インストール方法の誤り、インストールすべきフォルダ階層の誤りはありませんか?


20141113追加のロケット弾パラメータをテスト実装した、Su-25のS-13とS-25改善パッチはこちら。
SASでVegaさんが配布している「Weapon Pack」には同梱されてますので、その場合はこれ単体の導入は必要ありません。
http://www.mediafire.com/download/w6a0nn9u6eg705l/SAS_Engine_2.7_patch_western_20141113_Su25_RocketS13S25.7z

20160816版の新機能をいち早く試したいかた向け。
F-105で爆弾選択機能を有効にするパッチはこちら。
http://www.mediafire.com/download/en2cqcm1eawu21a/F-105_bomb_select_patch20160816.7z
SASでVegaさんが公開したRanwersさんのF-105を導入した後にこのパッチをあててください。


・キャノピー動作
キャノピー閉じ動作には各飛行機フライトモデルファイル内の専用パラメータが必要です。
そのパラメータが無い、古いフライトモデルファイルでは当然、キャノピー閉じが行われません。
最新のフライトモデルファイルを用意してください。
F-4 ファントムIIについては私のベータ版が最新です。
その他の機体は
Vegaさん http://www.sas1946.com/main/index.php?topic=27908.0
Pauls.さん http://www.sas1946.com/main/index.php?topic=37193.0
などの配布しているもので対応になるかと思います。
A-4についてはVegaさんの次のバージョンアップが最適になるかと思います。
A-7については私との間で作業中で、次のバージョンアップが最適になるかと思います。
なお、FJ-3やF9Fなどのスライド式キャノピーの機体は、開いて発艦するのが史実通りです。

昔のF-4に同梱されていた「00000_NoOpenCanopy」フォルダは、SAS Engine MOD 2.7では一切の動作をしないばかりかじゃまになります。消してください。
プロフィール

western0221

Author:western0221
2010年7月30日にIL-2 1946を始めました。
好きなアニメは「ダーリン・イン・ザ・フランキス」「刀使ノ巫女」「グランクレスト戦記」「ダメプリ ANIME CARAVAN」「りゅうおうのおしごと!」「ゆるキャン△」「魔法使いの嫁」「からかい上手の高木さん」「メルヘン・メドヘン」「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」「BEATLESS」「タイムボカン逆襲の三悪人」「アイカツスターズ!」「CCさくら CC編」「ラーメン大好き小泉さん」「スロウスタート」「宇宙よりも遠い場所」。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問数
Twitter