テクスチャの3Dマッピングの記載

SASのtutorial読みつつ3doフォルダじろじろ見て。
ちょっとずつ分かってきた。

mshファイルの中で

[Materials]
Matt1D0o

とあるところが、テクスチャの素材指定。

[MaterialMapping]
0.0565033 0.08177185
.
.

とあるところがテクスチャのマッピングぽい。

で「Matt1D0oとはなんぞ?」というと。
Matt1D0o.mat
というテキストファイルが同じフォルダに存在するので。
これを開くと

[Layer0]
TextureName skin1o.tga
.
.

とあり、ここでやっとskin1o.tgaにつながるというわけ。
スポンサーサイト

アプリがうまく動かずイライライライラ

自分は、Hier.himやships.iniのパラメータをいろいろ調整して時間がかかるのは全然苦じゃないんだけど。
動いてくれるべきアプリやツールが動かずエラー出したり成果物が得られなかったりして、その対策をするために無為に時間がすぎていくのはすっごく苦痛。

今日はまずMshConverterがうまく動かずイライライライラ。

しばらくしてBlenderを諦めて。
GMAX動かそうと思い。
Windows7 x64じゃ動かないので、じゃあMS謹製のVirtual PC + XP Modeならどうだ、ということでVirtual PCとXP Modeのインストールをはじめて。
インストール済んで。
XP Mode上にGMAXインストールして。
動いた!
Direct3DやOpenGLは動かないので、HEIDIモードにて動作。

それじゃあっつーことでMshConverterから得られた3dsファイルを読ませたら。
読めた。
だけどプレビュー画面にテクスチャがない。
あれぇ?
レンダリングとかあるのかしら??
と思いいろいろぐぐってみたのだが、プレビュー窓にはテクスチャが貼られないといけないらしい。
むぅ。
ためしに新規で直方体作って、そこにTGA貼りつけてみたら、貼り付けは出来るんだけどプレビューはグレー塗りつぶし。
うーーーん。
いくつか調べて、どうもHEIDI動作ではテクスチャが見えないっぽいという結論を得る。
それはそれでまぁいいやXP Modeってのはそういうもんだからなと思って、3dsで書き出すかと思ったら、exportフォーマットに3dsがない。
がびーーーそ。
あったら3D Maxが売れなくなるからつけてないのか?ケチっくっせーーーー
ならばと、IL-2 MODコミュニティで作成・配布されてる3D MAX/GMAX用のmshファイル出力スクリプトBuggy Buggy Exporterをぶちこんで。動作確認はしたのだが。
あっれー?Exportボタン押してオブジェクトをクリックしても、IL2.mshってファイルがどっこにもできないぞ?
なーんでだーーー なーんでだーーー
うーーーーーーーん。Buggy Buggy ExporterがXP Modeでは動かない(こいつもDirect3D等に依存している)のかもしれない。
じゃあどうしようもないじゃん!!
はぁーーーー
なんっかもう。
なんでこんなことになるのだか。

だいたい今日は、最初Blenderの操作法をおぼえて。
やっと体がBlenderに慣れてきたかなーって頃に諦めて。
GMAXに来たらGMAXはまた操作法がぜーんぜん違うものだから戸惑って。
ぐぐったりしてもGMAXって操作法の説明がほとんど無く。MS Flight Simulaterの建物作りしてる人がちょこっと解説ページ作ってくれてたりしたけど。
このGMAXじゃないGMAXという名前のものも大量に引っかかってきてS/N悪いし。
あるページに「3D Maxの解説ページが参考になりますよ」ってあったので、3D Maxで検索してみるも、いまいち感じが違ったり。
自分はこんなことしたいんじゃないんだーーーって叫びたくなった。

MshConverterが言う事きいてくれないお!

MshConverterが言う事きいてくれないお!

たぶん、MshConverterが悪い、んだと、思う。
もし違ったらごめんネ。

1. てきとーな船の一パーツのmshファイルを選ぶ
2. そのmshファイルをMshConverterで読み込み、3ds形式で書き出す
3. 3dsファイルをBlenderのImportで読み込む
  とりあえず形にはなってるのでコンバートできてるっぽい
4. なにもいじらずBlenderのExportで3dsファイル(ファイル名は変更)で書き出す
5. 新3dsファイルをMshConverterで読み込む
 「オブジェクト参照がオブジェクトインスタンスに定義されていません」
 エラーが発生して読み込めず!

なーんでーだろーーーーー
さすがに、MshConverter自身が書きだしたばかりの3dsファイルは読み込めた。
段階5.で読み込めさえしたら大丈夫そうな感じなんだけどなー

ちなみに
1. Blenderを起動する、目の前に立方体がひとつある
2. その立方体を3dsでexportする
3. MshConverterで3dsを読み込む
  成功
4. msh形式で書き出す 成功
ということで、単純なオブジェクトは変換成功している。

うぅぅぅぅぅぅぅん?

Blenderで3Dモデリングしたいんだけどなぁぁぁぁぁ。

MshConverterがどうも信頼性が

Blenderなりで3Dモデルの部品を確認したい時にMshConverterで3ds形式なりの3Dモデルアプリで読める形式にIL-2 1946のmshファイル、Hier.himファイルを変換したいのだが。

龍驤のHier.him全体を変換しようとしたら。
「算術エラー オーバーフローしました」
になってファイル出力ができない。
20110131MshConverterBuggy.jpg
困った。

部品単位で変換するしかないのかねー

新たな色化け発生

さらに喫水線を深くするために、赤茶色塗を上方へ拡大したら。

またも赤茶色パーツが生まれました。
とほー
キャットウォークが赤茶色になってしまいました。

どうしようもないな。
プロフィール

western0221

Author:western0221
2010年7月30日にIL-2 1946を始めました。
好きなアニメは「ゲーマーズ!」「ボールルームへようこそ」「NEW GAME!!」「ひなろじ」「ナイツ&マジック」「天使の3P!」「アイカツスターズ!」「メイドインアビス」「恋と嘘」「サクラクエスト」「プリンセス・プリンシパル」「アクションヒロイン チアフルーツ」「戦姫絶唱シンフォギアAxZ」「徒然チルドレン」「バトルガール ハイスクール」。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問数
Twitter