マップのiniファイルの書き換えずーっとやってて頭痛が

今日は、温度可変MODのからみで、気候と緯度を正しい情報としてマップが持てるように、マップのiniファイルの書き換えずーっとやってて頭痛がしてきました。

マップ1枚1枚について(年代違いや季節違いは一括で出来ますので、それを除外してデフォルト収録から50マップほど)、マップ名からwikipediaで地名や島名検索して緯度と気候・季節ごとの気温変化を調べて、wikipediaにないものはGoogleで検索して信頼できそうな情報を探して、とやってました。
デフォiniファイルは結構緯度がてきとーーだったわ。
あと気温も、私が今やってるMODではその日に設定された気温を13時のその日の最高気温として使用して、朝や夕や夜はそこから時刻によって気温を引いていって下げる動作をするので、冬のソヴィエトマップが寒すぎになってたりするのを、wikipediaに載ってるマップ指定月の平均最高気温にセットしなおしたりもしてます。
デフォルトマップ50枚は、この作業完了しました。
まだMODの動作テストはしてません。
誰か動作テストを代行してくれないかしら……

んでこれを、たとえBETA版としてでも公開するには、SASModAct版としてはこれでいいんでしょうけど、DBW版やHSFX版として出すならDBWやHSFXに収録されてるMOD追加マップも網羅しておかないといけないという話になるので、さらに160枚ほどに似たような作業をする必要があります。
ちゅうか、MODマップってマップ名見てもどこやら分からんマップが多数あって、はたしてwikipediaその他で検索かかるのかしらって不安ありすぎ。
スポンサーサイト

レンネル沖海戦ミッション参加してきました

Rowheiさん主催、BAHIA協賛のレンネル沖海戦ミッション参加してきました。

BAHIA編隊飛行プロジェクトで練習した一式陸攻が……あんまり役に立たなかった…… orz

いや、まずね、往路に編隊組もうとしたら、隊長機に全然追いつけないんですよ。
隊長機はスロットル70%ぐらいで飛んでて、こっちは100%にしてるのに。
同じ燃料・同じ武装なのに。
なぜ追いつけない。
4.10.1mベースのUP3RC4だったからオーバーヒートにはそこまで神経質になる必要はなかったのかもしれないけど、いちおうカウルフラップを2に開けてたからかなぁ。

んーでみんながTSで「目標艦隊発見!」「攻撃に移る」って言ってるのに、全然敵艦隊が画面に見えないの。
えぇ~~~どこどこどこって思いながら、蛍の光のように見える味方機のナビゲーションライトを追いかけてったら、なんとか艦影が見えて。
敵から見て斜め前45度ぐらいの角度で降下して雷撃!
魚雷壊れたよってメッセージは出なかったので、航走はしてくれたのでしょう。
当たったかどうかは確認できず。
何もメッセージが出なかったということは当たってないのかな?
沈められなくても当たったら「Hit Enemy Ship」ってメッセージ出ますよね??
その雷撃の時も、ほんとは3機編隊でトレール隊形(一列縦隊)をとって隊長機に続いて魚雷投下するんだけど、そのときもうまく追いつけてなくて散会してたうえに、自分1機だけでなんとか敵艦を見つけて投下したもんだから、投下後に高度上げるともう迷子になってしまってまして。

とりあえず帰る方角はTSで指示が出たのと、遠ーーくに見えるナビゲーションライトを目がけて帰投してたのですが。
第1隊が「島に帰ってこれたー。損傷機から順次着陸を」ってTSで話し始めた時に、まだ何も見えず。
というか、その5分ぐらい前から味方機のナビゲーションライトがまったく視界内に存在しなくなっていて、ここか、ここを目掛けて飛べばいいのか、とナビゲーションライトだと思ってたのがテレビ画面についた埃だったというね……
もうそのときには、日没後で西の水平線がわずかに明るいだけになってたので、バーディゴ寸前というか、BAHIAの普段の練習と違って左下のHUDに高度と速度が出てくれるものだから、それを読んで計器盤を読まなくてもなんとか姿勢維持ができてたのですが。
とりあえずTSが着陸管制で忙しそうだったので、終わるまで方位を維持して飛んでようとしたのですが、ちょっと気が緩んだ時にとうとう水面に激突して死亡してしまいました。
とほー
夜間飛行は難しい!!!
せめて帰り着きたかったです……

気温自動可変MODの動作で悩む

気温自動可変MODをまたいじろうとしているのだが、動作で悩む。

過去の議論はこのへん。
http://il2itaki.blog135.fc2.com/blog-entry-968.html#cm

今って、海抜0m気温だけを可変にして、そこから高度が上がった時の気温低下はDaidalosデフォルト計算のままにしてある。

このDaidalosデフォルト計算式がなんかよくわかんなくて……
絶対零度ケルビンと海抜メートルで計算してるんですけど。
まず
private static final float Temperature[] = {
1.0F, -2.27712E-005F, 2.18069E-010F, -5.71104E-014F, 3.97306E-018F
};
というTemperature[0] , Temperature[1] , Temperature[2] , Temperature[3] , Temperature[4]の掛け率を定数として持っていて。
この掛け率を利用して、
求めたい高度メートルの気温ケルビン = 海抜0m気温ケルビン*(((Temperature[4] * 高度 + Temperature[3]) * 高度 + Temperature[2]) * 高度 + Temperature[1]) * 高度 + Temperature[0]
という計算式を作っている。
高度が上がれば気温は下がる、下げ率は高度が上がるほど低下する、というふうにしてあるっぽくあるんだが。
イマイチ何がしたいのかよくわからん。

この計算式で、0m気温を可変させた時の0m~10000mを1000mきざみで求めた摂氏の気温はこうなる。
気温の上下の順に並んでないのはゴメン。
20120428TemperatuerDefaultCalc.jpg
0m , 5000m , 10000mだけ抜き出して、気温を高いもの順から行列入れ替えて並べるとこうなる。
27℃ , -6.9℃ , -40.0℃
24℃ , -9.6℃ , -42.4℃
21℃ , -12.3℃ , -44.7℃
19℃ , -14.0℃ , -46.2℃
16℃ , -16.7℃ , -48.6℃
11℃ , -21.1℃ , -52.4℃
-4℃ , -34.4℃ , -64.1℃
-19℃ , -47.7℃ , -75.8℃
うーーーーーん。
どうなんだ。

「高度と気温」でぐぐると、こういうページが見つかる。
http://www.jma-net.go.jp/ishigaki/school/200403/kion.htm
地表から高度11000mの-56.5℃まで、直線的に気温は低下するというグラフだ。

そしてwikipediaの「気温減率」にもこうある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%97%E6%B8%A9%E6%B8%9B%E7%8E%87

環境の気温減率は、ある時刻および場所で静止している大気について、その大気中の気温が高度と共に下がる割合を表している。その平均的な値としては、国際民間航空機関(ICAO)が定めた国際標準大気がよく用いられる。そこで定義されている気温減率は、海面から高度 11 km (36,090 ft) までは6.49 K/1,000 m (1.98 °C/1,000 ft)とされ、高度 11 km (36,090 ft)から 20 km (65,620 ft)までは、一定の気温-56.5 °Cとされており、この気温が国際標準大気の中では最低の気温となっている。ICAOの標準大気には水蒸気は含まれていない。もちろん実際の大気の気温は、理想化された平均値である国際標準大気とは異なっているから、気温減率も時と場所によって異なる。例えば、高度が上がるとともに気温が上がっていく逆転層と呼ばれる層が実際に存在する。


しかし、この国際標準大気は、海抜0mの気温を15℃の場合と定められている。
もし0m気温が0℃なら?-15℃なら??
どうなるんだろう……

地表気温に関わらず・緯度にかかわらず気温減率が一定なら、地表が高温なら11000mも高温になるし、地表が低温なら11000mは低温になる。
地表温度が変化しても・緯度が変わっても11000mの気温は-56.5℃なら、場所によって気温減率が変化するということになる。
どっちなんだろう。

気象庁が12時間ごともしくは24時間ごとの高空気象図をhPa単位でまとめて発表しているが、専門家じゃないので気象図を見せられてもどこが何度かさーーっぱり分からない。

潜水艦を爆撃するの難しいんですが……

潜水艦の潜望鏡深度・攻撃態勢にある艦(Gato (Submerged)とか)は爆撃で沈めることができるのですが。

その当たり判定をこちょこちょっといじってみたので。
ちゃんといじった結果が反映されてるかどうか、テストミッション作って爆撃してみようとしたのですが。
えーーー?
これ難しくないですか……

25kg爆弾16発もしくは400kg爆弾1発が至近弾になれば沈む計算なんですけど。
そもそも潜行中の潜水艦にそう簡単に至近弾を出せない。
小型爆弾をたくさんばらまいたほうが沈めやすいのか、大型爆弾を一撃で仕留めるのが沈めやすいのか……

もし「自分は潜水艦爆撃に自信があります。ぜひテストミッションやってみます」というかたがおられたらご連絡を。
自分でもやってみてますが、どうもうまく当たらない。
AI機でも同じく。


(追記)
一式陸攻8機がかり500kg爆弾1発携行で潜水艦1隻を爆撃したら、AI機が直撃弾を出してくれました。
うまくいってるのかなぁ???

Admiralty V/W級駆逐艦バリエーション

gioさん作、Admiralty V/W級駆逐艦バリエーションができました。

gioさんスキン作成の、HMS Verityと並んだ、HMS Worcester(カラフルなほう)。
20120427HMSVerity_Worcester.jpg
Worcesterは、Verityから爆雷投射機を外して、第4主砲を復活させました。

それからHMS Vanoc。
20120427HMSVanoc.jpg
武装はVerityと共通でスキンのみ違いです。

最後にHMS Vivien /1929。
20120427HMSVivien.jpg
こちらも爆雷投射機を外して第4主砲があるほか、高角砲を除いて2基目の魚雷発射管を持ってます。
色は迷彩前のグレー単色。

gioさんでモデリングだけじゃなくてスキンもかなり凝った模様やウェザリングをほどこしてこられてるので、スキン違いを作るときにその元の模様やウェザリングを損なわないように描き換えるのに工夫をしてます。
テクスチャ画像の色を変えたい部分を抽出して、ベースカラーをスポイトでとってから除算をすると、IL-2 1946のvoid.bmpみたいなパネルラインやウェザリングだけの画像ができるので、その作った画像をマスクとして用いて新スキンでは色を置いた上にそのマスクを乗算します。すると新スキンにも模様やウェザリングが保たれるという計算。
その乗算マスクを作成するのが結構時間かかるのですが。
一回「この船の乗算マスクはこれでできた」というものが完成すると、あとのバリエーション展開は簡単ですね。

甲板など部所によっては、その方法ではなく、色変えで対応している部分もあります。
プロフィール

western0221

Author:western0221
2010年7月30日にIL-2 1946を始めました。
好きなアニメは「ゲーマーズ!」「ボールルームへようこそ」「NEW GAME!!」「ひなろじ」「ナイツ&マジック」「天使の3P!」「アイカツスターズ!」「メイドインアビス」「恋と嘘」「サクラクエスト」「プリンセス・プリンシパル」「アクションヒロイン チアフルーツ」「戦姫絶唱シンフォギアAxZ」「徒然チルドレン」「バトルガール ハイスクール」。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問数
Twitter