T-72の3D直してた

melissaさんのT-72、最初に3D構造とスキンファイル名ぱらっと見た時、ベースに純正戦車をインポートして参考にしながら新しいLOD0メッシュ構築して、そんでLOD1以降はいじってないなぁって見えたので。
300mとか離れると、古い戦車が見えちゃうはず。
小さい戦車なんで遠目には分からないけど、あとからスキン書き足したりするとき混乱するなぁと思ったので。

旧パーツLODが残ってるのを一回インポートして、LOD0はいじらずLOD1以降を再構築して、UVマッピングして、LODでは縮小テクスチャを使うように等して、影も旧パーツそのままだったところも形状いくらか合わせて、よっしゃって感じに。
エクスポートしたmshを、LOD0の主メッシュとHookはmelissaさんのを使い、それ以降は新しいのというふうに合体させて。
フォルダから不要になった古い*.matと*.tgaを消去。

いいんじゃないでしょうか。
パーツ数も少ないこんだけのことだけど、半日かかっちゃうなぁ……

20150131melissaT72.jpg

新しくクラス作った125mm主砲の威力は凄まじく、ティーガーIIだろうがIS-2だろうが、当たれば一撃でぶっ殺してくれますけど。
命中精度を戦車ごとに向上させられるパラメータはIL-2 1946に存在せず、FMBで設定したSkill値だけに依存してどの戦車も一律の散らばり方をするので、なっかなか敵に当たりません。
そこは仕方ないね。


あ、今気づいたけど、以前にmelissaさんが作ったT-55A戦車も、LOD1以降が流用のままっぽいなぁ。
もう今日は疲れた。
また気が向いた時にいじろ。



あ、ところで。
256x512みたいな正方形じゃない横長スキンにUVマッピングしようとして、UVWアンラップしたとき。
スキンのサイズは横長だけど、ピクセルを正方形ピクセルとして3Dに適用しようとして。
そのまま平面マップやボックスマップ使うと、自動で開かれたUVが2倍の横長になって手で頂点動かさないといけなくなってめんどくさい上に狂いやすいのを……
平面マップやボックスマップでぴたっと縦横1:1にするのってどこのオプションをチェックしたらいいんでしたっけ。
以前、一発で行けたことあった気がするんですけど、気がついたらできなくなってた。

(追記)
前にできてたと思ったのは、UVWアンラップモディファイアじゃなくて、UVWマップモディファイアだったかも。
今度試してみよう。
スポンサーサイト

近日中にT-72のMODが出るかも

melissaさんが「ソ連のT-72戦車作ったからスロット用意してー」って聞いてたので、作って、送ってみた。

主砲の威力とか装甲防御パラメータとかがいまいち自信ないので、公開前にゲーム内で実戦テストしてよーと頼んでおく。
それが済んだらSASで公開されるんじゃないかしら。

3DのLODとスキンの関係がなんか違うんじゃないかと思ったんだけど、インポートして確認する時間と気力がないので、SASに疑問だけ投げておいたら誰か興味持った人が確認してくれるんじゃないかと期待してそこは今はとりあえず。

艦橋のUV開いた

USS Wasp LHDのUVアンラップ、船体の後はパーツ名称のAから順番に開こうとしてたのですが、よく考えたら小さなパーツをちまちま開いて少しずつテクスチャを使って行ってたら、大きくガバっと面積をとらないといけなくなる艦橋を後で開こうとした時「場所がねぇ!!!」ってことになってしまうのでは、と気づいて。
早めに艦橋を開くことにしました。

正解、開き終わってこんなかんじに。

20150129USSWaspUV.jpg

残ってるところでたぶん足りる、よな?

シースパロー・RAM・ファランクスは別テクスチャにするかなぁ……
そうしたら別のモデルに流用するときモデルとテクスチャそのまま持っていけるし。

冴えない加藤ちゃんの育てかた

今期アニメ、おおよそ1話までは見ました。
物理的に1話しかやってないのもあるので。
複数話済んでるのの追い付き具合はまちまち。
全体の1回目感想は来週末ぐらいに書けますかねー、遅いものでも3話まで見てるでしょうし。

それはさておき、超特記すべき予想外のダークホースアニメが出てきました!
これ、「冴えない彼女の育てかた」。
20150128冴えカノタイトル
http://www.saenai.tv/

事前に公式webを見て、あぁくだらないラノベアニメっぽいなと思いスタッフとかは調べず、キャストがいいからチェックだなと考えてたぐらいだったのですが。
参考→ 2015年1月期アニメ視聴プラン http://il2itaki.blog135.fc2.com/blog-entry-2233.html

・冴えない彼女の育てかた
ネット配信 1月9日(金)?
テレビじゃ映らないのでネット配信で。
そこまで惹かれる要素はないのですが、応援している中堅女性声優がずらっと出るので演技面は心配なさそう。



1週目が番外編の0話温泉取材旅行、あとは2週目が1話・3週目が2話という順番に進んでいくシリーズ構成で、その2話を見てズビーンと来ました。
0話のときは、開幕いきなり女の子キャラに「第1話から女の子の裸を出してた下品アニメあれはダメ」みたいなことを言わせながら、4人のヒロインズが露天風呂入っててきゃいきゃい暴れるという……おめーメタネタもいいかげんにしろよと嘆息したものでしたが。
1話はわりかしまともに作話されてて、2話でずごーんと落とし穴に落とされた。
とにかく加藤ちゃんがかわいい!加藤ちゃんは天使!!
20150128冴えカノ加藤恵
見え見えのオタク狩りキャラにもかかわらず、全力で釣られるのもオタクの本懐だと思いました。

この加藤恵って子、主人公・安芸と高校入学1年のときから同じクラスで、主人公いわく「気安く会話できる間柄」だったそうなのですが。地味というわけでもなく周囲に埋没するステルスキャラで、2年に移る春休み期間中に主人公が「運命のヒロインと出会った!」と鼻息あらくする坂道イベント(アニメ1話)の会った相手が実はこの加藤ちゃんだったにもかかわらず主人公は(ほんとに1年間気安く会話してたんですかね?)加藤と気づかなかった(アニメ2話で始業式の夕方、加藤から話しかけられて初めて気づいた)という逸話すらあるというでですね。

そんな加藤ちゃん、主人公に「お前にギャルゲヒロインのなんたるかを叩き込む」って家に招き入れられて2人っきりで特段好きでもないギャルゲやらされても全然嫌そうにせずに付き合ってくれて。
でも本人まるっきり非オタなんですよね。
それなのに付き合いがいいところが、むっちゃくちゃカワイイんです。
またこうちょっと醒めたようなそれでいて優しさのある口調がいいんだよなぁ~
学校一の奇人オタクとして名高い主人公に嫌悪感も抱かず(まぁわりかし学校での人付き合いがイイ社交的オタクのように描かれてるのでそこはそこまで不思議ではないのだけども)、初めて呼び出されてそのまま家にほいほいついてくるあたり(そしてその後も……)、ものっすごく好感度高いはずなんですよ。なぜなのかはアニメ2話まででは語られてないですけど。
主人公や英梨々にひどいこと言われても、「今のはちょっとひどいなー」って感想言うぐらいで流してくれるし!

本来オタク主人公のラノベなんかでは、こういう非オタだけどオタな主人公のことが好きでぼちぼち付き合ってくれるっていうヒロインは、幼なじみが座るポジションだったものなんです。
「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」の春咲千和、あるいは「異能バトルは日常系のなかで」の櫛川鳩子みたいにですね。
それが本作では、幼なじみの英梨々は自ら18禁同人誌を発行するサークル主催の同人漫画家という主人公に負けず劣らずのガチオタにしてきて(でもひんぬーなところは伝統的幼なじみだったりする、笑)。
それでいて、影の薄いうえに付き合いが1年しかない同級生の加藤ちゃんをそのポジに据えるっていうのが、新しいと思うところです。

そもそもですねぇ、人付き合いを苦手にしているガチオタでも、本当に内心100%二次元と結婚する気で居るのは3割ぐらいしか居ないもんなんですよ。
残り7割は、どっかで現実の女子とお付き合いするチャンスが欲しいと思ってたりするし、だから2.5次元とか言い訳しながら声優の接触イベントにお金出したりするわけじゃないですか。
んで、付き合うならオタ話で盛り上がれるオタ女子のがいいよなぁと妄言吐きながら、一方では現実世界に自分を引き止めてくれる非オタな、だけどオタ趣味に理解はある女性がいいなとも思ってたりするわけで。
オタクというのもなかなかアンビバレンツなものなのですね。
今言った後者の希望に、まさにズバリと沿ったキャラがこの加藤ちゃんなわけですよ。
視聴してて魅力を感じないわけがない。
英梨々や霞ヶ丘先輩のようなスーパー能力者ヒロイン現実に居るわけ無いですけど、加藤ちゃんなら居てもおかしくない、そういう妙なリアリティがあるのも大きいです。
まぁそんなわけで、今期イチオシヒロインは加藤ちゃん!決まり!!
(SHIROBAKOのみゃーもりとかずかちゃんは、ヒロインっていうより主人公ですしねぇー)

また加藤ちゃんの魅力が大きいとはいえ、アニメそのものも2話でかなり気に入りました。
で、誰が作ってたっけってスタッフ見たら、おお!こりゃあ私が気に入らないわけ無いじゃないかっていう陣容でして。
原作ラノベ作者&本アニメのシリーズ構成・各話脚本が丸戸史明。
この方、私が2013/10月期にドハマリしたWHITE ALBUM2の原作ゲーム脚本にしてアニメシリーズ構成(と一部話数の脚本)書いた方だったんです。当時どんだけWHITE ALBUM2にハマってたかはこちらから→ http://il2itaki.blog135.fc2.com/blog-entry-1872.html
なっるっほっどー、それはぁ、ハマりますよ、私も。
そして監督と0/1/2話一部絵コンテが亀井幹太。
こちらは2013/1月期にこれまたドハマリしてた「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」の監督じゃないですかぁ!なんか構図がぐりぐり扇情的だと思ったら、なるほどぉ!これまた当時どんだけ俺修羅好きだったかは→ http://il2itaki.blog135.fc2.com/blog-entry-1488.html
まぁ画作りに関しては、今回ちょっと細かくカメラ動かし過ぎで画面に落ち着きが無い感じがして、人によっては酔うように錯覚したりするようなので、少し頑張り過ぎなのかもしれないですけど。
太ももとか女の子たちの体がエロいのはさすがだなぁって。
なにより私が注目したのは、2話での加藤ちゃんのおしり!
土曜日に主人公に呼び出されて私服で出てきた時オレンジのパンツスタイルで来たのですが。
その服装の加藤ちゃんが坂道を歩いて上がっていくところを後ろからとらえたショットのおしりっていうか腰から太ももへのラインがもうエロくってたまりませんでした。
三次元の女性のパンツスタイルを後ろから見てエロいと思うことは多々あれど、アニメキャラのパンツスタイルをエロいと思ったことってこれまで無かったと思うなぁー
この2話ですっごい衝撃だったので、たぶん無いんだと思う。そんなに頻繁にあることだったら衝撃受けないもん。
(普通はほら、スカート姿、ブルマやスパッツでしょ、女の子キャラのおしりがどうこうってアニメでなるときってさ)
もうこの1カットだけでも、このアニメの評価は爆上げでした。

いやぁー
予想しないダークホースアニメって、あるものですね。
願わくば、これからも加藤ちゃんが魅力的に描かれるエピソードが多めでありますように!
新鮮な気持ちでアニメを見たいので、すくなくともこのシリーズが終わるまでの間は、原作ラノベは読まないことにします。

60分で開けるだけUV開いてみた

twitterの3Dミリメカモデラーの間で、ごくたまーーに「60分で何ができるか」という話題があるようなんですが。
(絵かきさんがたの深夜の60分○○勝負なノリで)

リアルタイムになんかできるようなことは私にはないんで。
とりあえずUSS Wasp LHDで、今できるモデリングは終わったので、大物から60分で開けるだけUVマッピング開いたらどうなるかやってみました。
最初は船体、次に飛行甲板。

で、60分でここまでになりました。

20150127USSWaspUV_1.jpg
20150127USSWaspUV_2.jpg

部品数にしてたったの5つです。
飛行甲板を、できるだけテクスチャ密度を上げるべく縦横比1:4の非正方形に開いたので、以前はそれでばしっと一発開きできたはずなのに、設定が変わっちゃったのかなんかするべき事前操作があったのか自分で忘れちゃって(普段は正方形テクスチャしか使ってないから)、一発で縦横比を正して開けなくなったので、あーでもないこーでもないといじくりまわしてたのが時間食っちゃいました。

次はたぶん艦橋でまた苦労するんですね、艦橋だけで60分かかるかも。
プロフィール

western0221

Author:western0221
2010年7月30日にIL-2 1946を始めました。
好きなアニメは「ゲーマーズ!」「ボールルームへようこそ」「NEW GAME!!」「ひなろじ」「ナイツ&マジック」「天使の3P!」「アイカツスターズ!」「メイドインアビス」「恋と嘘」「サクラクエスト」「プリンセス・プリンシパル」「アクションヒロイン チアフルーツ」「戦姫絶唱シンフォギアAxZ」「徒然チルドレン」「バトルガール ハイスクール」。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問数
Twitter