FC2ブログ

菱川さかく「最強同士がお見合いした結果1&2」GA文庫の感想

ここ2年間ほどで私が読んだことのあるライトノベルの中で、一番テキストのテンポがよく、言い回しが変にオタクくさくなくて心地よく目が走ったのがこれかもしれません。10冊以上出してる作家さんでも文章のクセが気にかかって物語に没入できないことって少なくないですものね(そこがいいんだ!って作家さんはそれはそれで別枠)。
もちろん内容もかなり気に入りました。

菱川さかく「最強同士がお見合いした結果」(GA文庫)、既刊2冊で1巻が出たのが今年2月、その月の月末にBookWalkerの電子書籍で購入して読み、その時点で気に入ったんだけど気に入りすぎてうまくblogに感想書けないまま今月2巻が出て。そんだけ1巻を気に入ってただけに2巻はBookWalkerで0時すぎに配信されてすぐ読みはじめて即日読破したのでありました。

こちらが1-2巻の表紙絵。
U35さんのイラストは適度にお色気があるんだけどこのヒロイン(達)にふさわしい清廉さも感じさせる、内容にマッチしたいい起用だと思います。
最強同士がお見合いした結果1_2表紙

冒頭試し読みなどもできるBookWalkerエントリはこちら。
最強同士がお見合いした結果
最強同士がお見合いした結果2

エスキア国最強の剣士≪獄炎帝≫ことアグニスは、仇敵イグマール国最強の魔術師≪氷結姫≫レファとお見合いをすることになった。
だが二国が講和するキッカケのはずのお見合いは、実際は相手の最高戦力を籠絡して取り込むための化かしあいだった!?

しかも何度お見合いを重ねても事態は進まず、会場を焦土に変えるばかり。
そう二人は戦場では最強だが、恋愛方面ではまったくのポンコツだったのだ!


ということで、剣と魔法のファンタジー世界を舞台にしたラブコメであります。
何がツボかって、分かる人には冒頭試し読みパートだけでも(私がそうだったように)ぐぐいっと引き込まれて続きが気になるかと思いますので、私が変にネタバレに気を使ってぐだぐだ書いてもしょうがない気もします。
基本的にタイトルどおりですし。

ということで、以下、内容に踏み込んだ感想。
スポイラー防止↓











もちろんこのライトノベル、メインテーマはラブコメなのですが。
ラブコメをラブコメとして成立させるための、なぜここまでの恋愛初心者同士が政略結婚前提のお見合いをする必要があったのか、そこに説得力を持たせるためのオリジナルなファンタジー世界の構築がしっかりされているなと思いました。借り物ではない、この2人がしっかりここに生きて来たという証のある世界が用意されているからこそ、私はこの作品に惹かれたんだろうなと思います。

アグニスとレファ、「主人公とヒロイン」というよりは「ダブル主人公」なこの2人も、戦場では最強、しかし恋愛はポンコツ初心者、っていうあたりが魅力的な人物像として描写できていると思います。その2人をそばで応援する妹のメイ&メイドのロゼリーヌもいいキャラしてます。
2巻から登場するエリカも、同じく。

また、ちょいちょい伏線が張ってあって読んでて「む……これは?」となったところがしっかり後で回収されて「やっぱりな!なるほどな!!」ってなるのもニクいなぁって思いました。

冒頭で“言い回しが変にオタクくさくなくて心地よく目が走った”と書いたこととは矛盾するような気もしますが、読者目線でのツッコミ文になってるところもたまにあって。たとえば2巻だとP141の(BookWalkerと紙や他の電書サイトでページ割違ってたりしないだろうか……?)レファとアグニスがおのおのの恋愛体験を披露するところの会話と(※ツッコミ)は笑いました。

また、劇中この2人にいろいろ問題が起こったり(生命的な意味での)危機が訪れたりしても、それはその巻の中で解決して最後心地いいハッピーな読後感に包まれるのもよかったなってなるところでした。
これからも応援していきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

western0221

Author:western0221
2010年7月30日にIL-2 1946を始めました。
好きなアニメは「ゾンビランドサガ」「青春ブタ野郎は…」「抱かれたい男1位…」「うちのメイドがウザすぎる!」「となりの吸血鬼さん」「SSSS.GRIDMAN」「ゴブリンスレイヤー」「DOUBLE DECKER!」「やがて君になる」「寄宿学校のジュリエット」「色づく世界の明日から」「俺が好きなのは妹だけど妹じゃない」「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」「ゲゲゲの鬼太郎」「ブラッククローバー」。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問数
Twitter