FC2ブログ

F-16でRWRがエラー吐くのはF-16いじったときのケアレスミスから

1つ前のエントリで「F-16に新RWRコード利用改造したらRWRユーティリティが想定してないエラー吐き出した、なんだこれ」って書いたわけですが。

エラーログ仕込んでテストしたら、エラーが起きたり起きてなかったり不定なのがやっぱりで、あれー?と。
まあRWR処理に用いている変数に機体を指定する値が既に入ってると想定して書かれてるコードでエラーになってるのは分かったので、想定がマズいかなということで、機体の指定がまだ行われてないときは処理スキップするといった改善は試みたわけだが。
なぜ機体の指定が行われないままRWRが動作始めてるのか、その時点では分からないままで。

その後もエラーログ書き出す箇所を増やしたりして動作チェックしてると、あることが判明。
F-16のサブタイプ別のクラスファイル内に書かれた処理内容と親クラスファイル内に書ける処理内容を比較して行って、全サブタイプのクラスファイル内でまったく同じ処理をするコードが全部に重複して記述されてることを発見したのでそのパートは親クラス側に引っ越したんです。全体が軽くなるから。
したんですけど、そのお引越し作業のときイスラエルのSufaことF-16Iのクラスファイルでのみ、tick()ループで実行されるべき update() {} メソッド内で、継承した親のほうに書かれてる処理を行えっていう super.update(); 記述を誤って消してしまってまして。
あっ、これだーーーーって。

復旧したら、RWRもエラー吐かなくなりました。
たった1行の super.update(); あるなしで。

いやー、F-16Iがおかしくなってると思ったんだよなーー、着陸脚が出なくなったりしてたし←ぉぃ
もちろんそれも回復しました。


前にリリースされた時点でバグがいろいろあるまま放置されてるのも分かってるので、いっこいっこ直していきたいんだけど、時間かかるなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

western0221

Author:western0221
2010年7月30日にIL-2 1946を始めました。
好きなアニメは「ゾンビランドサガ」「青春ブタ野郎は…」「抱かれたい男1位…」「うちのメイドがウザすぎる!」「となりの吸血鬼さん」「SSSS.GRIDMAN」「ゴブリンスレイヤー」「DOUBLE DECKER!」「やがて君になる」「寄宿学校のジュリエット」「色づく世界の明日から」「俺が好きなのは妹だけど妹じゃない」「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」「ゲゲゲの鬼太郎」「ブラッククローバー」。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問数
Twitter