FC2ブログ

F-16用のHTSポッドできた

F-16はBlock50D/52DにおいてAGM-88 HARM 対レーダーミサイルを運用して防空網制圧(SEAD)任務を行う能力を得ましたが、このときに敵の使用している防空レーダー・対空ミサイル誘導レーダーが放ってきたレーダー波を解析、HARMに対して目標情報を示す機能を持ったHARM Targeting System(HTS)と名付けられた直径20cmのポッド、AN/ASQ-213をエンジンインテーク横に装備することになりました。

この導入当初は、アメリカ空軍内のF-16C/Dは機能と任務が分離されており、Block40/42(CG/DG)がLANTIRNを携行してレーザー誘導兵器を用いた精密爆撃や夜間低空侵入任務を分担、Block50D/52D(CJ/DJ)が通常爆弾爆撃任務・昼間任務やSEADを分担となっていたそうです。
この時期のSEAD任務において、HTS(ASQ-213)はインテーク右側に装備し左側は空いていました。
20181004HTSonly_F16.jpg
(位置と組み付け確認のためなのでHTS以外のLoadoutは無視してください……以下同文)

その後、Block40/42とBlock50/52とで装備・機能・可能な任務が分かれているのは不便ということになり、共通仕様実装プログラム(CCIP)が実施されて1機でLANTIRNもHTSも装備できるF-16 CM/DM化されました。
これ以降はSEAD任務時はインテーク左にHTS、右にAN/AAQ-14を装備することも増えたようで、これを再現するとこうなります。
20181004HTS14_F16.jpg
HARMとレーザー誘導兵器(PavewayIIなど)を同時携行していく運用があったのかどうなのかはちょっと分からない。
HARMは高価なミサイルなので、HARMをまず撃ってレーダーを機能停止に追い込み当面の脅威を取り除いた後、安価な兵器で支援設備などを改めて確実に潰すという戦術はあるかなぁと個人的に思うところもあるのですが。F-16のハードポイントの数を考慮、増槽も携行していきたいECMポッドも携行していくとなると数・搭載量の奪い合いになるから厳しいかな……

で、AN/AAQ-14は首脚ベイの扉の開閉に支障しないように外側に避けて装着されるのですが、AN/ASQ-213は逆に内側に傾いたパイロンを用いて中央線に寄せて装着されるので、前から眺めるとこういう平行四辺形のようになるので正しいみたいです。たぶん。
20181004HTS14frt_F16.jpg

あとHTSと関係ないですけれども。
イスラエルがF-16 Block40を購入した際、アメリカがLANTIRNを売ってくれず自国でLITENINGを開発した。それから、後にアメリカがLANTIRNを売っていいよって方針変更するまでの間、IDF機はインテーク右にLITENINGのみ装備する運用を行っていたと考えられるので、いちおうそのアレンジも用意だけしておきました。そういうスロットとLoadoutをこれから作るかは未定です。
20181004LITENINGonly_F16.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

western0221

Author:western0221
2010年7月30日にIL-2 1946を始めました。
好きなアニメは「ゾンビランドサガ」「青春ブタ野郎は…」「抱かれたい男1位…」「うちのメイドがウザすぎる!」「となりの吸血鬼さん」「SSSS.GRIDMAN」「ゴブリンスレイヤー」「DOUBLE DECKER!」「やがて君になる」「寄宿学校のジュリエット」「色づく世界の明日から」「俺が好きなのは妹だけど妹じゃない」「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」「ゲゲゲの鬼太郎」「ブラッククローバー」。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
訪問数
Twitter